1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

001happymanさん

■イベント日とは?

「○の付く日はアツい!」などと謳われている特定の日のこと

出典パチンコ屋の「旧イベ日」「ゾロ目の日」「新台入替」は勝てる日?

まだホールがイベントをガンガンやってよかった当時、各パチンコ、パチスロ屋さんは月の決まった日に、いつもより出す日をイベント日として設定してお客さんを集めていました

出典旧イベントの日が実はチャンスではない?優良店を見抜け!! – スロパチ勝利への道!!

■例えば

店名に数字が入っているパチンコ店は、十中八九、その数字に関連した日付が旧イベント日

例えば「パーラー3」という店があるとすれば、そのパチンコ店の旧イベント日は3の付く日になるのではないかと予想を立てることができます

123 1と2と3のつく日(3が一番強い)
イーグル 9のつく日
MGM 1と6のつく日/16日は激アツ
ガーデン 2と8のつく日/28日は激アツ
Dステーション 3と9のつく日
キコーナ 11日/22日/第一土曜日
ニラク 2と9のつく日/29日は激アツ
マルハン 7のつく日
楽園 11日/22日/月と日のゾロ目の日は激アツ
アイランド 地域によって変わる
メガガイア 地域によって変わる

■しかし、現在は・・・・

しかし、今はそういった何日の日が熱いとかのイベントは禁止となりました

出典旧イベントの日が実はチャンスではない?優良店を見抜け!! – スロパチ勝利への道!!

でも・・・・・

当時イベントだった日は、旧イベントの日として、お客さんと店の間で暗黙の了解として普段よりは出る日として認知

旧イベント日は大手パチンコ店や地域密着型のパチンコ店関係なく残っており、現在においても集客が通常営業日と比べて多くなっているようです

パチンコ店がイベント日を謳えなくなってしまったことから、 雑誌やWEB媒体によるライター来店や取材企画を利用するようになりました

特に取材企画ではメディアが撮影のために来店するため、パチンコ店は見栄えを良くするために多くのドル箱を積み上げることや高稼働を演出しようとします

■しかし、ここで注意

全国的にチェーン展開しているパチンコ店は、全店が7のつく日に出玉還元を行っているというイメージが強くなりますが、実は店舗ごとで温度差が存在しています

例えば東京・新宿のパチンコ店は7のつく日が旧イベント日だとすれば、渋谷にある同系列のパチンコ店では5のつく日が旧イベント日になっているケースがしばしばあり、これは競合店の旧イベント日を考慮した変化

■で、旧イベント日は絶対に出るの?

出す日といってもすべての台が大量に出るわけではありません。
稼働があれば、何台もある中のいくつかの島や機種で甘めに設定して、たとえその島や機種が赤字だったとしても、他の機種や島で回収できてしまう

出典https://win-and-win.win/kyuibentonohi/

例えば、出してる島や機種をお店側のマイナス50だとすると、その他の機種や島をお店側のプラス80でお店側がプラス30の利益を作り上げる感じです

3か月スパンで9日間、旧イベ日があるとして、初月のイベント日は、3日全部出してお客さんをつけといて、そのあと2か月間、6日イベ日があるので、まぁまぁの出る日を1日くらいつくって、後の5日は微妙に回収する方向にすると3か月でお客さん有利の日が4日間、お店が有利の日が5日間つくれるので、そこで回収するような感じ

1 2