1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ブルース・ウィリスからロック様まで!秋のおすすめ「アクション映画」

2018年秋公開のおすすめ「アクション映画」5作品のまとめ。ブルース・ウィリス『デス・ウィッシュ』、ドウェイン・ジョンソン『スカイスクレイパー』、知英『殺る女』、海洋パニックアクション『MEG ザ・モンスター』、格闘SFアクション『スカイライン 奪還』。

更新日: 2018年10月12日

6 お気に入り 8826 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『MEG ザ・モンスター』(9月7日公開)

未知の深海で太古の巨大ザメ「メガロドン」に襲われる人々のサバイバルを描いた海洋パニックアクション。

人類未踏の深海に挑む海洋探査チームが発見した全長23メートル、体重20トン、歯は25センチという巨体のサメに、ジェイソン・ステイサムふんする深海レスキューダイバーたちが立ち向かう。

共演は「トランスフォーマー/ロストエイジ」のリー・ビンビン、「オレの獲物はビンラディン」のレイン・ウィルソン。監督は「ナショナル・トレジャー」のジョン・タートルトーブ。

◆『スカイスクレイパー』(9月21日公開)

『カリフォルニア・ダウン』などのドウェイン・ジョンソン主演のアクション。

ドウェイン・ジョンソンが、片足を失い義足となった元FBI人質救出員の主人公を演じ、高さ3500フィート=約1000メートルの超高層ビルで発生した火災から、家族を守るため奮闘する姿を描く。

監督は『セントラル・インテリジェンス』でドウェインと組んだローソン・マーシャル・サーバー。ドゥエインが体を張ったアクションを見せる。

◆『スカイライン 奪還』(10月13日公開)

エイリアンと人類の攻防を描いた『スカイライン-征服-』の続編。

「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」のフランク・グリロ、「ザ・レイド」シリーズのイコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアンら肉体派キャストが顔をそろえた格闘SFアクション。

ロサンゼルス市警の刑事が、反政府組織を率いる男らと共にエイリアンに挑む。

◆『デス・ウィッシュ』(10月19日公開)

チャールズ・ブロンソンが主演を務めた『狼よさらば』をリメイクしたアクション。

シカゴで救急患者を診る外科医ポール・カージー。ある日、ポールの家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘はこん睡状態になってしまう。警察の捜査は一向に進まず、怒りが頂点に達し、復讐の鬼となったポールは自ら銃を取り、犯人抹殺のために街へと繰り出す。

『ダイ・ハード』シリーズなどのブルース・ウィリス、ドラマシリーズ「LAW & ORDER クリミナル・インテント」などのヴィンセント・ドノフリオらが顔をそろえる。ブルースが外科医と処刑人の顔を持つ男にふんした。

◆『殺る女』(10月27日公開)

1 2