1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「ジュマンジ」の続編も!8月発売される注目の映画DVD【2018年】

来月も期待の作品がいっぱい!注目作をまとめました。

更新日: 2018年07月20日

5 お気に入り 9546 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼『百日告別』

監督:トム・リン
出演:カリーナ・ラム, シー・チンハン, マー・ジーシアン, アリス・クー

交通事故によって婚約者が他界してしまったシンミン(カリーナ・ラム)と、同じ事故で妊娠中の妻が亡くなったユーウェイ(シー・チンハン)。

苦しみの中、ユーウェイはピアノ教師だった妻の生徒たちの家を尋ね歩き、シンミンは新婚旅行をかねて新メニューを探しに行くはずだった沖縄へと旅立つ。それぞれの旅の行く先に待ち受けていたものとは...。

台湾映画「百日告別」 静かだけど深みのある作品でした。 乗り越えるしかない悲しみがリアルで切ない 目をつぶり温かさを思い出そうとするシーンや沖縄のホテルで布団を人型にして抱きしめて眠るシーンは心に刺さりました 百日経っても忘れられるはずはないけど…区切りにはなるのかな pic.twitter.com/WHnmPps1w4

”百日告別”シネマクレール。同じ事故で、最愛のパートナーを喪った、男女の心の再生への百日の物語は、二人の内面の荒れと相反するような静かな作品。身近な人の、悔やみの言葉等より、静かに伝わる、故人に対する思いの共有が大きな助けになる。時間と共に、御寺での読経が上手くなるのが切ない。

百日告別…喪失感、これに尽きる。 時間が悲しみを癒してくれると信じたい… 映像が美しいだけに、悲しみもより濃くなる…

▼『ナチュラルウーマン』

監督:セバスティアン・レリオ
出演:ダニエラ・ヴェガ, フランシスコ・レジェス, ルイス・ニェッコ, アリン・クーペンヘイム, ニコラス・サヴェドラ

チリ、サンティアゴ。トランスジェンダーでナイトクラブのシンガー、マリーナは歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしていた。

マリーナの誕生日を祝った晩、家に戻ると急にオルランドの意識が遠のき、そのまま他界する。彼が亡くなったことでマリーナは予想外のトラブルに見舞われ……。

『ナチュラルウーマン』 とても良かった!愛する人の死を悼む時間すら許されないマリーナ。心無い偏見に屈さず怒りや哀しみの拳をグッと抑え自分を生きる。パンチングマシーンを殴り愛も哀しみも全部引っさげ前へ進むマリーナがただ美しかった。けど彼女にこんな覚悟を必要とさせない世界がいいね。 pic.twitter.com/3TqQr79kaG

『ナチュラルウーマン』とても良かった。主演のダニエラ・ヴェガの沁み入るような歌声の素晴らしさと、全体的に抑制が効いていた表現だったのと。単純な偏見だけでなく、混濁したまなざしも丁寧に描けていたと思う。例えば、女性警察官は何を点検しようとしていたのか、等。naturalwoman-movie.com/info/?page_id=5

#ナチュラルウーマン を観た。主人公とパートナーが2人の間で愛をカタチ作り、そのカタチに名前を与えてきた。誰にも壊せないその記憶。そのカタチ。踏まれる度に前を向き尊厳ある今を生きようとする主人公の苦闘に心打たれた。愛し愛された記憶が、人を強くするのだろう。ぜひ多くの人に観て欲しい! pic.twitter.com/UzGYUe9jiW

▼『ヒトラーに屈しなかった国王』

監督:エリック・ポッペ
出演:イェスパー・クリステンセン, カール・マルコヴィクス, アンドレス・バースモ・クリスティアンセン, ツヴァ・ノヴォトニー, カタリーナ・シュットラー

1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都・オスロに侵攻。主要都市を占領したドイツ軍は、ノルウェー政府に降伏を求めるが…。

第2次世界大戦時、ナチスドイツ軍に激しく抵抗したノルウェー国王が、歴史的な決断を下すまでの3日間を描く伝記ドラマ。

ちなみに現国王のお爺さん、ノルウェー国王ホーコン7世が主役の映画『ヒトラーに屈しなかった国王』が年末日本公開予定。ナチスの脅迫に対し抵抗を貫き、現ノルウェーの基礎を築いた人々の物語。舐め切ったナチスの巡洋艦を、老朽要塞の老司令官が新兵を率いて沈めてしまう冒頭部から圧巻の良作です。 pic.twitter.com/HaKfgQ1B6o

塚口でヒトラーに屈しなかった国王鑑賞。良かった。カメラワークが特にドキュメンタリーだった。国王や公使や一兵士や、息子や父親、それぞれの立場で描かれていて、押しつけじゃなくて。私の知識がちゃんとあればもっと臨場感が出たなぁ。勉強しよう。あとは、戦争って突然非日常を強いるんだな。

「ヒトラーに屈しなかった国王」観ました…いい映画でした…ホーコン7世のおじいちゃんでありお父さんである姿が、民主主義者であり国民と共にある国王である姿が凄くありありと描かれていて、本当にこの映画が観られて良かった…

▼『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

監督:ジェイク・カスダン
出演:ドウェイン・ジョンソン, ケヴィン・ハート, ジャック・ブラック, カレン・ギラン, ニック・ジョナス

ロビン・ウィリアムズらが出演した『ジュマンジ』に続く物語が展開するアドベンチャー。学校の地下室で見つけた奇妙なビデオゲームの世界に入り込んでしまった高校生たちの運命を描く。

4人の高校生を吸い込んだゲーム
3回死んだらゲームオーバー。その名前は・・・『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

ジュマンジ:ウェルカム トゥ ジャングル 前作はボードゲームだけど本作はTVゲームの世界へ。憧れのキャラになってパーティ組んでミッションクリアに奮闘。 良い意味で頭空っぽにして楽しめる作品。笑いどころも随所にあり甘過ぎない恋愛要素もあり。自信なさげなロック様が観られただけでも価値あり! pic.twitter.com/Y1MPeI1LZs

「ジュマンジ ウェルカム トゥ ジャングル」鑑賞 期待値以上の面白さと現代風にアレンジされた話で良き娯楽作だった 今どきの若者言葉が炸裂してて終始、笑いを堪えるのに必死すぎる(マジ卍) 前作とのちょっとした繋がりが嬉しい! フェロモンだだ漏れのドウェイン・ジョンソン最高… #マジジュマンジ pic.twitter.com/SzPgboCxnG

1 2