1. まとめトップ

ストレスを感じている人必見!癒しのアロマセラピーの世界

いろいろなことが原因で、ストレスを感じることが増えて、多くの人がストレスを抱えて生きています。そのため、最近ではセラピーを利用して、ストレスを解消しているようです。その中でもアロマセラピーが人気なので、気になるアロマの魅力や効果についてご紹介します!

更新日: 2018年07月19日

4 お気に入り 3492 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Mckinney75さん

皆ストレスを溜めている・・・セラピストの需要が急上昇中

ストレスは溜めすぎてしまうと精神疾患などを発症させてしまう原因となってしまいます。
そして、現代ではいたるところでストレスが生じているのです。

最近ではそんなストレスを解消してくれるセラピストたちの需要も増えているみたいですよ。

何よりも仕事のストレスが現代人を打ちのめしています。
仕事には家族の生活が掛かっています。

その仕事のストレスが現代人を疲労困憊させています。
そして親の生活態度が子供にも伝染し、子供もストレス社会の環境の中で生活しています。

仕事から生じるストレスがストレス社会を助長しているようですね。

一般的にストレスを感じている人が増えてきているので、セラピストの需要が高くなってきています。

マッサージのアプローチはさまざまで、リンパドレナージュやタイ古式マッサージ、ホットストーンマッサージが挙げられます。

また、リラクゼーションセラピストを目指すには、資格取得や実務経験が必須となるものもあります。

しかし、現代ではストレス社会に伴い、リラクゼーションセラピストの需要は高くなる可能性があります。

セラピスト業界全体をみると、ボディ系、エネルギー系、メンタル系、それぞれ人材過多な現状となっています。

しかし、ストレスの多い現代社会では、今後も需要が伸び続ける市場であり、将来性のある職種です。

ストレス解消を望む人が多く存在するため、セラピストが必要となってくるのです。

また、ストレス解消にはアロマセラピーが効果的だとされていますよ。

脳にも作用するって本当?アロマセラピーの効果をチェック

世の中には様々なセラピーが存在していますが、ストレス解消に最適なのがアロマセラピーです。

興味のある人はアロマセラピーの効果からチェックしてみましょう。

アロマの香りで脳をリラックスさせてストレスを取り除くことによって、自律神経などの自己免疫機能は向上し、病気にもなりにくくなると言われています。
また、香りは脳に直接はたらきかけるため、アロマテラピーはうつ病や認知症の治療においても有効だという最近の研究結果もあります。

アロマテラピー(トリートメントを含む)によって、免疫力に関係するNK細胞活性値が上昇したり、女性ホルモンの一種であるエストロゲン濃度が増加したり、月経痛が改善したり、メラニン産生を抑制したり、副交感神経の高まりによって動脈機能が改善したりなど、多くの身体への効果が報告されています。

血行が悪くなると乳酸が筋肉にたまり、痛みやコリを発生させる原因となります。

抗炎症作用や鎮痛作用のあるアロマオイルを使用することにより炎症を抑えるだけでなく、血行が良くなることも期待できます。
その結果、乳酸の分解がされ痛みやコリが解消されます。

アロマセラピーは脳だけではなく、筋肉疲労や美容にも高い効果を発揮してくれるようですね。

ストレスをしっかりと解消してくれそうな気がします。

アロマを始めるならコレ!オススメのアロマの効果

アロマセラピーに使われているアロマには様々な種類のものがあります。

種類によっても期待できる効果が変わってくるみたいですよ。
主なアロマの種類についても見ていきますよ。

・スイートオレンジ

オレンジの香りは、良くご存知ですよね。
柑橘系といえばすぐに思い浮かぶものの一つではないでしょうか。

このアロマをちょっと嗅ぐだけで、気持ちが高揚し、元気印になることうけあいです。

これも、他の柑橘類と同様、食欲が出ない、
すっきりしないといったときに効果があるでしょう。

体への効能
消化器系の不調に働きかける最もいい精油のひとつです。基本的に消化器系のエネルギーの滞りがあるときに、循環を促す作用があります。そのため、消化促進、食欲増進、腹痛、悪心嘔吐などにいいと言われています。便秘や過敏性腸症候群にもいいと言われています。また、エネルギーの滞りに伴う、頭痛や緊張を和らげます。

スイートオレンジは、嗅いだことのある匂いですから、初めてアロマを始める人にもおすすめです。

・ラベンダー

安眠効果があることで知られるラベンダー。

他の精油となじみやすく、アロマテラピーでよく使われる精油の一つです。

ラベンダーには色々な種類があり、精油として利用されているのは、スパイク・ラベンダー、ラバンジン、フレンチラベンダーの3種類です。

ラベンダーは、これらの種類と区別するために「真正ラベンダー」とも呼ばれています。

第1位…ラベンダー
アロマテラピーの定番といえば、やはり「ラベンダー」。フローラルな香りでリラックスできるのはもちろんのこと、目の疲れや肩こりにも効果があります。

気持ちをリラックスさせるだけでなく、軽い火傷や鎮痛にも効果があります。また、ニキビなどを治すにも使用されているので、いろいろな効果が期待できます。

・ローズ

ローズは古くから沢山の人に愛され、愛の象徴とされてきました。
花の女王とも言われています。

数多くの品種が開発され続け、今では1万を超える種類があります。神話にもよく登場します。

ギリシャでは愛と美の神に捧げられたと言われ、聖母マリアはローズに囲まれて登場したとも言われています。

1 2