1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

こんな機器に恩恵が?カジノ法案成立で脚光を浴びるのは

カジノ関連法案成立に付随してカジノに関わる意外な企業が活躍の機会を得て脚光を浴びそうです。カジノ関連法案成立の周辺からどんな活性化が見込めるかまとめてみました。

更新日: 2018年07月19日

10 お気に入り 12801 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼できる情報を一生懸命まとめました。

matomato2000さん

カジノ法案成立へ

カジノを含むIR(=統合型リゾート)整備法案が参議院の内閣委員会で可決された。与党側は20日の参議院本会議で成立させる方針。

同法案は、カジノ解禁に伴い運営業者を免許制とすることなどを定めている。法案成立後、政府は事業者の選定や管理を行う「カジノ管理委員会」を設置。都道府県や政令指定都市が事業者を選んだ上で整備計画をまとめ、国に区域認定を申請する。

中川次長「カジノ管理委員会、高度にプロフェッショナルなものになる」「法務、財務会計、カジノで使う電子機器などの専門家をこの国の中で集める」 すごいっすねーーー

2、3カ所のカジノ設置場所が選定される

現在、IR関係者の間では、大阪市、横浜市、北海道(立地市町村:苫小牧市)、長崎県(佐世保市)の4地域がフロントランナーとみられている。そして、愛知県(常滑市)、和歌山県(和歌山市)、沖縄県(名護市などが候補)の3地域が、それらを追走する展開

うーん、法案通ってしまったかぁ横浜はカジノ誘致の候補地になっていて、我が家が遊びに行くエリアは候補地からも割と近いので、どう影響があるのか…子育て中だし治安とか気になるなぁ… twitter.com/tv_asahi_news/…

入場回数制限、入場料と日本人に厳しい制限

日本人客のカジノ入場回数制限について、政府案通り「週3回、月10回」とすることで合意

入場料6000円かー。 ギャンブルっていうより、アミューズメントパーク感のほうが強いな。 本人確認マイナンバーカードってあるけど、免許証じゃ駄目なのかな。 カジノがある場所って治安悪いって聞くし、どこにできるのか気になる。 カジノ法案 参院委で可決 news.yahoo.co.jp/pickup/6290459

意外な貨幣、硬貨処理機器をつくる企業に注目が

日本金銭機械株式会社(にほんきんせんきかい、Japan Cash Machine Co., Ltd.)は、アミューズメント施設向けの機器・貨幣処理機器の製造・販売などを行う企業

世界中の様々な市場(カジノ、ATM、券売機、精算機、自動販売機、各種キオスク端末機など)をターゲットに事業を展開

貨幣処理機では、国内シェア約7割を占める

海外(アメリカ、欧州、中国など)の金融、流通、警備輸送、カジノ業界などを主な販売先としています。

カジノ法案って、金持ちの外国人を呼べるようにしたい、というのとそれに関係する機械を作るメーカーの利益確保という両面があるのでしょうな。最近はパチンコやスロットが少し厳しいようなので・・・

グローリーという企業を今日初めて知って、ほうカジノ法案関連銘柄にもなるんかぁと関心していたけど、 これからはカジノ法案のニュース来たら、ピンとくるぐらい敏感でないといけないんだよなぁ( •́ㅿ•̀ )

まだまだ広がるカジノ周辺で活躍する企業

カジノ施設向けにモバイル電子決済が利用できるソリューションパッケージを開発

チップやコインのやり取りを、カジノホテル内で使える電子マネーで代替する。貨幣処理機やカナダ大手ATMメーカーと組み、2015年までに米国で事業化し、5億円規模の事業に育てる計画

カジノオペレーションの長い営業時間に耐える高い信頼性や耐久性も求められます。KONAMIは、これまで培ってきたエンタテインメント性の高い商品の開発力や高度な技術力で、こうした市場のニーズにお応えしています

1 2