1. まとめトップ

青森県内のねぶた祭り2018まとめ!青森・弘前・黒石・五所川原

青森県内の各地で行われる夏祭り「ねぶた祭り」「ねぷた祭り」の中から、地元でも絶大な人気を誇る、青森市、弘前市、黒石市、五所川原市の「ねぶた」「ねぷた」をご紹介します。【青森ねぶた祭り】【弘前ねぷた祭り】【黒石ねぶた祭り】【五所川原立佞武多】

更新日: 2019年06月28日

2 お気に入り 2323 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夏といえばねぶた祭り! 青森、弘前、黒石、五所川原のねぶた&ねぷた祭りをご紹介します。

青森ねぶた祭り

【青森市内で行われるねぶた祭】

2018年8月2日(木)~7日(火)

合同運行時のねぶた台数は20台以上

【掛け声】
ラッセラーラッセラー

【特徴】
幅約9メートル奥行き7メートルの大型ねぶた

跳ね人(はねと)として

参加が出来るため、衣装をレンタルして参加する観光客も多い。

【青森ねぶた2017 市民ねぶた】 団体・制作者、共に初の大賞×最優秀 受賞作「紅葉狩」。 奥から手前へ 右から左へ流れる 荒々しくも華麗な紅葉の流れと、人形の髪の毛や衣の流れが相まって、非常に動きのある大作となりました。 送りの目を閉じた面の表現も、史上初の表現かと思われます。 pic.twitter.com/pTjkKApS3b

2017年の青森ねぶた

弘前ねぷた

【弘前市内のねぷた祭り】

2018年8月1日(水)~7日(火)

約80台

【掛け声】
ヤーヤドー

【特徴】
最大9メートル超の大型ねぷたが特徴で、

昔は灯りにろうそくが使われる事も多かった。
(現在は安全面から廃止)

笛や太鼓の迫力で独特の雰囲気を味わえるのが魅力。

■8月1日~4日 : 土手町コース PM 7:00~
■8月5日・6日 : 駅前コース PM 7:00~
■8月7日(なぬか日):土手町なぬか日コース AM10:00~

弘前ねぷたまつり - 日程

二日目は弘前ねぷたへ……。合戦へ出陣ってかんじのお祭りですごいよかった。さらし姿の女太鼓がすごかった。 pic.twitter.com/nrEiByAdTX

2016年 弘前ねぷた

黒石ねぷた祭り

【黒石市内で行われるねぷた祭り】

2018年7月30日(月)~8月5日(日)

50台以上もの運行台数を誇る黒石の夏祭り。

青森ねぶた祭とは違い、跳ね人は存在せず
ねぶた本体に付けたロープを参加者全員で掛け声を発しながら決められたルートを運行する。

【掛け声】
行き『ヤーレーヤーレヤー』
帰り『ねーぷたーのもんどりこぉ』

【特徴】
人形ねぷたも扇ねぶたもあり、
「弘前ねぶた」と同じく笛や太鼓による囃子も魅力。

青森ねぷたと比べると大きさは無いが、その分、細部まで凝った作りになっていて技術力の高さを感じるねぶたが多い。

※運行後は子供たちにアイスやお菓子が配られる

出陣式   7月30日 午後5時30分より 御幸公園

審査合同運行 7月30日 午後6時30分出発 御幸公園出発~市役所前にて審査~中町こみせ通り

表彰合同運行 8月2日 午後6時30分出発 御幸公園出発~富田大通り高樋理容所前にて表彰

最終日    8月5日 朝から町内各地で自由運行が行われます

※審査・表彰合同運行は雨天時、翌日順延

黒石ねぷたまつり - 日程

五所川原立佞武多

【五所川原市内で行われるねぷた祭】

2018年8月4日(土)~8月8日(水)

たちねぷたは3台(他に、人形ねぷた15台前後)

【掛け声】
ヤッテマーレヤッテマーレ

【特徴】
重さ約19t、高さ約23mのたちねぷたは、

7階建てのビルに匹敵する程の高さがあるため、

遠くから見ても楽しめる。

【8月6日写真追加】「ラブライブ!サンシャイン!!ねぶた」が「五所川原立佞武多」にて3チーム同時に街を練り歩き♪ gs.dengeki.com/news/105011/  #lovelive pic.twitter.com/DuZnRx9hGF

2017年の五所川原立佞武多

1