1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

cryptlerさん

iPhoneXは”防水”ではなく”耐水”

「iPhone X/8/8 Plusは防水」と思われがちですが、実は完全防水ではないのです。Apple公式サイトでも”防水”ではなく”耐水”という表現を使っています。

Apple store公式サイトによると…

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

IP67とは?

注目すべきは”IP67等級に適合しています。”という記述。”IP◯◯”というのは、防塵・防水性を表示する国際規格のこと。

最高規格は”IP68”で、「塵埃は侵入しない」「潜水時(継続的な水没)に対して保護する 」と解釈されます。

iPhone X/8/8 Plusの”IP67”は「塵埃は侵入しない」「浸水時(一時的水没)に対して保護する」と解釈されます

つまりiPhone X/8/8 Plusは、”一時的水没”には耐性があるが、”継続的な水没”には耐性が無いと言えます。

濡らしたら充電しない!

「iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。」とあるように充電は控えましょう

防水でもやってはいけない事

apple サポートの公式情報を見てみると、「iPhone 7以降の防沫・耐水・防塵性能について」という項目で、次のような使い方は控えるように、と告知しています。

・iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
・iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
・iPhone をサウナやスチームルームで使う
・iPhone を意図的に水没させる
・推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作させる
・iPhone を落とすなど、衝撃を与える
・iPhone を分解する (ネジを外すなど)

実際の防水性能は??

動画を要約すると、次のような性能結果となっていました。

・常温の水に水深1メートルに35分沈めて問題なく作動。
・水深 約6メートルの川に沈めて5分後に引き上げても問題なく作動。
・ドラム式に洗濯機で洗濯のみの操作を行っても問題なく作動。

appleサポートでは、濡れてしまった後は「自然乾燥」をベースにし、完全に乾くまでは充電もしないように注意を呼びかけています。

故障の裏技

おすすめの保険

1