なにコレ!?最近の「いきもの図鑑」がぶっ飛んでる件​

ひとクセもふたクセもある図鑑が、いまネットで話題に。古生物を扱った「リアルサイズ古生物図鑑」は、SNSでバズッたことがきっかけで、発売前にも関わらずなんと重版がかかることに。他にも、意外な理由ばかりの「絶滅したいきもの図鑑」など、話題になってる図鑑をまとめました。

更新日: 2018年07月22日

117 お気に入り 50428 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

もし今生きてたら…がネットで話題に

「これ、今が旬なん?どこ産の“アノマロカリス”?うち4人家族なんよぉ、このサイズやったら4人分の煮つけになるかなぁ、まあ、お父さんはビラビラんとこでええよねぇ。」 → 気になる方はこちら [7/21発売]『リアルサイズ古生物図鑑』 amzn.to/2m7dknE #リアルサイズ古生物図鑑 pic.twitter.com/zA5TjkbSNC

こちらは古代生物アノマロカリスが、もし魚屋に並んでいたら…という図。

数字で言われてもピンとこない古生物のスケール感をリアルに感じてもらえるよう、今の身近な風景に彼らを配置したビジュアルブック

あまりにぶっ飛んだイメージ画像の数々に、古生物マニアはもちろん、子供のころに図鑑で見て以来という方まで巻き込んだ

これまでにない古生物図鑑に「なにこれほしい!」「すごい面白そう」と声上がり、間もなくAmazon.co.jpの「生物学(本)」の売れ筋ランキングで1位になる人気に

【新刊案内】インターネット上で発売前から騒がれていた『リアルサイズ古生物図鑑 古生代編』の先行発売分が入荷いたしました!本発売は今月下旬となっておりますが、待ちきれない古生物ファンの皆さま、7F6番古生物の棚までお越しください!先行発売分につき数に限りがございます。お早めにどうぞ♪ pic.twitter.com/FSJBqfur0M

絶滅した理由にジワッとくる

生物が絶滅する確率は99.9%。いま地球にいる生物は、奇跡的な確率で「たまたま」存在しているに過ぎない

角が豪華すぎて絶滅したシカやカビが生えて絶滅したカエルなど、どれも独特な理由だらけ。

ホントは憎めないやつらなんです。。

「ゴキブリは人を襲わない」「ハエも蚊も病原菌を持たなければ、恐れなくても大丈夫」など、飼育してわかった害虫たちの意外な素顔をかわいいイラストとともに紹介している

ゴキブリ100万匹、蚊とハエ10万匹、ダニ1億匹etc…アース製薬飼育員による、「きらいになれない害虫図鑑」を出版 prtimes.jp/main/html/rd/p… pic.twitter.com/RYOmWWwvYL

登場するのはクモやアリ、ムカデやナメクジ、各種衣類害虫や園芸害虫など約20種類。いずれもコミカルなイラストで紹介されています

寄生生物の実態をかわいいイラストで

明日7月12日発売『えげつないいきもの図鑑 恐ろしくもおもしろい寄生生物60』(ナツメ社) 、イラスト担当させていただきました。 著者は『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』でお馴染みの大谷智通さんです。 驚異の生態をもち巧みな生き方をする寄生生物たちを優しく紹介しています。 pic.twitter.com/JXIwOUwe0t

かわいらしくも恐ろしいイラストと、やさしい解説で、小学生から大人まで、幅広い方に楽しんでいただけます

1