1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

カーナビで「テレビをみながら運転」する行為が問題になってた

ネットなどで「前の車がカーナビでテレビを観ながら運転している」「フラフラして危ない」などの迷惑行為が問題になっています。

更新日: 2018年07月20日

15 お気に入り 59135 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■問題になっている「ながら運転」

ながら運転(ながらうんてん)とは、スマートフォンの操作をはじめとした、運転以外の行為をしながら車両の運転をすること

運転中にスマートフォンの画面を注視していたことに起因する交通事故が増加傾向にあり、いわゆる運転中の「ながらスマホ」が社会問題となっています。

自動車の運転中にスマホや携帯電話での通話や画像を見ながら運転する「ながらスマホ」の厳罰化を提案する道路交通法案が2018年1月22日から始まる国会に提出される見込み

■つい先日もウーバーの自動運転にて運転者がテレビを視聴していたことが明らかに

[UBER.UL]の自動運転車が3月に起こした死亡事故に関する警察の報告書で、運転席に座っていた安全監督者が事故が発生した時間帯まで携帯電話でテレビ番組を視聴していたことが明らかになった。

この事故は3月に起き、ウーバー車が夜間に道路を渡っていた女性をはねて死亡させた。

報告書は、監督者が走行中に注意を払っていれば事故は「完全に回避できた」としている。監督者は自動車運転の過失致死の疑いで訴追される可能性があるという

■このように問題となっている「ながら運転」だが、カーナビでテレビを視聴しながら運転している行為が問題に

カーナビにTV映る機能は法律で禁止すべきやな 夕刻周囲が暗くなって中の映像が丸見えになって来ると、TV見ながら運転が如何に多いかよく分かる 純正ナビで初代ソアラに積んだ際に、もうTVチューナー積んでた記憶 更に、サイドブレーキ引かなきゃTVに切り替わらない機能も、ジャンパー線一本で無効化可

前の袖ヶ浦ナンバーの車がテレビ見ながら運転しててすごいふらついてるんだけどまともに運転できないんなら見ながら運転してんなよ。

今日乗った個人タクシーが怖かった。。。 ナビのモニターでテレビが映ってて、運転手はそれを見ながら運転。 前を見てなくて信号待ちの車に当たりそうになるし、ふらついて右折レーンにいたバスに当たりそうになるし、信号赤で行っちゃう。 まじで怖かった(´・ω・`)

エキサイトした話 数ヶ月前、自分のトラックの前を 走っている車が、テレビを見ながら、フラフラとスピードも安定しないので、追い越し、トラックで道を塞ぐようにトラック停めたところ、近くの交番から、お巡りさんが走ってきた事 #dfs897

■当然だが、ナビにてテレビを観ながら走行するのは「違反」だ

走行中は携帯電話などを使用したり、カーナビゲーション装置などに表示された画像を注視したりしてはいけません。

「道路交通法71条5号の5で記載された『注視』とは、画像を見続ける行為のことを意味します。速度計やカーナビなどは、一瞥(ちらっと見る)だけで情報を確認できるため、ちらっと見て、速度や位置情報を確認する限りでは『注視』とならない

自動車走行中にテレビを注視することは禁止されています(道路交通法第71条第5号の5)。

■なので純正のカーナビは走行中はテレビを観られない、ナビを操作できないようになっている

カーナビは走行中、テレビの視聴や目的地設定など一部の機能の利用が制限されます。

純正ナビゲーションでは、車両が停止していないとテレビを映像は見ることができない。

走行中にテレビやDVDを見ていると「走行中は音声のみでお楽しみください」と画面が消えてしまい、音声だけになってしまう視聴制限や走行するとボタンが操作できなくなる目的地変更などの操作制限

純正ナビはこのようなシステムにより安全を優先しています。

■しかし、この機能は解除することができる

日本の自動車用品チェーン大手オートバックスはカーナビゲーションシステムを販売する際、特別な装置を合わせて購入するよう消費者に勧める。カーナビの画面をテレビ画面に変換する装置だ

1 2