1. まとめトップ

「合う」と「欲しい」は違う…『ファッションに関する見解』のツイートが興味深い

Twitterで見かけた様々な「ファッションに関する見解・意見・考え方」などをまとめました。ファッションに関するかんえ方は人それぞれ、独自のセンスを感じるものから思わず共感しそうになるものまで、興味深いツイートが沢山ありました。

更新日: 2018年08月11日

59 お気に入り 110498 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーによる体験談・エピソードや考え方などのツイートのまとめです。

futoshi111さん

◆「似合う」と「合う」と「欲しい」は違う

遂に!ZOZOスーツで測ったデニムとTシャツが届いた!結論は「似合う」と「合う」と「欲しい」は違うってことがわかった。確かに合う。しかし私は自分の土偶のような体型に合ってしまったデニムは試着してたら買わないと思った。服は合って楽だけがベストではない。今回は体験を買ったので悔いはない。

@sho0508 @suzukyuin すごいわかりやすい解説をありがとうございます!参考になりました☺️

◆娘に買った可愛いTシャツワンピース

娘に可愛いTシャツワンピースを買ったらずっとパジャマとしていて着ていて、勿体ないから外で着てほしいのに何でわざわざパジャマに?と思ってたんだけど、可愛くて嬉しいから着ていられる時間が長くなるようにパジャマにしてると言うので奥歯を噛み締めて堪えた

◆したい格好と似合う服のバランス

40歳過ぎてから服選びが一気に難しくなった。貫禄の出た顔に今まで着ていたナチュラル系は全く似合わなくなった。流行りのウエストイントはお腹とおしりが若いときの倍の大きさで恥ずか死ぬ。フリルやレース、ギャザーは付きすぎると痛い人感否めず。全くないと幸薄い感。要するに何を着てもおばさん。

それでもちょっとでも素敵になりたい。いや素敵だと自分で思いたい。40代に似合いそうな服はたいていお高い。でも私の収入は若い時と変わらない。お店を巡り何度も試着し店員さんと会話しながら服を探す。店員さんに相談して率直にアドバイスしてもらうのだけは若い時よりうまくなった。

@shiawasesaku3 時々、年齢よりすごく若々しい格好をされた方を見かけます。 そういう方の、すごく楽しそうな笑顔を見ると、似合うって事も重要だけど、見せるためだけに服着てんじゃないんだよなぁ と当たり前のことに気付かされます。 たまには気にせず、思いっきり好きな格好をされるのもいいのでは?

@External_WM もちろんそうですね。自分がしたい格好をするのも大事です。たぶん私、したい格好と似合う服のバランスのいい地点を探し続けると思うんですよね。貪欲なのかも。

◆40代以上の女性が絶対買ってはいけない⁉

「40代以上の女性が絶対買ってはいけないTシャツ」というタイトルで、太いボーダー、意味不明な英字ロゴ、ごちゃごちゃしているもの、ショッキングピンクなど原色系、レースなど部分的に異素材の甘めデザイン、チープすぎる素材感、首回りが大きく開いたもの…という記事があったけど、まじうるせーな

@zm180401 @pinkjyoudai 自分が好きな服を、堂々と着るのが一番です。 海外のオバちゃんが大胆なデザインの服を着こなしてるのは、堂々としてるからだと思います。

◆90代の女性のお客様

90代の女性のお客様、今日は紫色の幾何学模様のワンピースを着ててとても素敵だ。 鮮やかなお召し物がいつもお似合いですね、って言ったら、 「これはもう何年も前に友達からプレゼントされたものなの。気に入ってずっと着てたけど、やっと最近自分の物に出来たと思うのよ」と。 似合う訳だわ。

◆「カジュアルなスタイルでどうぞ」

仕事で行くフランス大使公邸パーティで「カジュアルなスタイルでどうぞ」といって呼ばれるという、なかなか高度なリテラシーを要求されるシーンに直面し、あれこれ悩んだあげく「犬だったら首輪いっちょうでいいのに」という発想が浮かんでくるあたり、ツイ廃脳を通り越してやや狂ってきた自覚がある。

ファッションのコードは、「それを読み解くことができる」という能力に価値を持たせるたい側に絶対的な既得権益がある以上、複雑化や高難度化は必至なのだろうけど、歴史があるがゆえに「お金を払えばある程度以上のレベルは保証される」という裏口が用意されている点では、だいぶ優しい気がする。

◆上はジャージ下はジーパン

1 2 3