1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

文章系タイトルはラノベの専売特許じゃない!タイトルが光るSF・ミステリ8選

文章系タイトルというとライトノベルが思い浮かぶ方も多いと思いますが、それよりもずっと以前にSFやミステリーには秀逸な文章系タイトルの作品が登場していたんです。もちろんタイトルだけでなく、中身も面白いのは言うまでもありません。

更新日: 2018年07月25日

16 お気に入り 5652 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gesyutarutoさん

恩田陸

趣味が読書という理由で、会長宅に招待を受けた鮫島。
彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、会長宅にあるはずが10年以上探しても見つからないという「三月は深き紅の淵を」の話だった。
この本はたった一人に一晩だけ貸すことが許された稀覯本だった。そんな稀覯本をめぐるミステリー。

『三月は深き紅の淵を』。なんて吸引力のあるタイトルなんだろう。このタイトルだけで星を幾つか付けたくなる

私は日常系ミステリーを苦手としているのですが、恩田陸は雰囲気作りが抜群ですね。文章から醸し出される独特の空気に呑まれるように、”掟通り”、一晩で読み終えました。本を愛する人におススメのミステリー

横溝正史

世の中を震撼させた青酸カリを使った天銀堂事件。その容疑者とされていた椿元子爵が遺書を残して姿を消した。
その後、『悪魔が来りて笛を吹く』というフルートの音色と共に、椿家に次々と訪れる死。
椿元子爵の娘、美禰子が訪れたのをきっかけに金田一耕助は事件に巻き込まれてゆく。

昭和23年、実際に起きた帝銀事件をモチーフにしたと言われている。

『悪魔が来りて笛を吹く』という恐ろしいタイトルも真相のおぞましさを巧く表していて秀逸だった

オリジナリティの高いトリックや、見立て殺人などの派手派手しい趣向はないものの、やはり横溝正史の代表作の一つといっていい完成度を有している

辻村深月

雪が降る日、高校生8人は学校の中に閉じ込められてしまう。扉は開かず、教室には誰もいない。時計は5時53分で止まっている。
時が止まった校舎の中、彼らは2か月前の学園祭で死んだ同級生がいたことを思い出すが、顔と名前だけがどうしても思い浮かばない。あの同級生は誰だったのだろう?
第31回メフィスト賞受賞作。

思ったよりもオカルト(ホラー?)色が強い印象でしたが、思春期特有の悩みや不安定で弱い感情がとてもリアル

ミステリーのようで、ちょっぴりホラー?どきどきハラハラ、一気読み

石持浅海

天文学部の観測会に出かけた姉が殺された。男性化候補筆頭で人気者の姉。さらには姉の後継者、小百合までが殺害される。
姉は一つの言葉を残していた。「BG」と。
女性が男性に変化する世界を舞台にした本格ミステリ。

舞台は破天荒だが、そこは石持浅海らしい、ディテールにこだわった端正で論理的な謎解きが楽しめる

本書の舞台は、すべての人間は生まれつき女性であり後に男性化する人間が存在する、という世界観であります。そして、「何だこのタイトル?」と思ったときからアナタはこの本に取り込まれているのです

歌野晶午

「何でもやってやろう屋」の元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通っている愛子から悪質な霊感商法の調査を頼まれた。
捜査を始めようとした矢先、成瀬は自殺しようとしていた麻宮さくらと出会った。

第57回日本推理作家協会賞、第4回本格ミステリ大賞受賞の傑作。
あの中居正広も絶賛したミステリー小説。

保険金殺人事件という暗く現実的な話題を軽快な文章とユーモアある台詞で語っている。凄くさらさら読める文章で飽きさせる節もなく笑えるオチもあり作者の実力を充分に知るに足る一冊

全て読み終わってから、改めて本のタイトルに心打たれた。素敵だなぁ

フィリップ・K・ディック

三千万人のファンを持つマルチタレントのジェイスン・タヴァナーはある日、安いホテルの不潔なベッドの上で目が覚めた。昨夜の番組収録の後、事故に遭って意識不明になったらしい。
回復した後、身分証明書が消えていたことが分かり、そればかりかジェイスンに関するすべてのデータが消え失せていたのだ。
友達や恋人もジェイスンの存在を覚えておらず、彼は警察に追われることになった。

キャンベル記念賞受賞作。

何よりもタイトルが良い。一度聞いたら耳について離れないといった類の言葉ではないが、繰り返し口ずさみたくなる奇妙な成分が、この言葉には含まれている

サスペンスフルな導入部、SFらしい見事なアイデア、古いハリウッド映画のようなケレン味たっぷりの展開。映像化されたわけではないのに、映像が頭に焼き付く読後感は、これらがもたらすものでしょう

フィリップ・K・ディック

第三次世界大戦の後、地球は放射能灰に汚され、生物を持っていることがステータスになっていた。
リックは人工の電気羊しか持っておらず、いつか生物を持つことを夢見ていた。
そんなとき、火星で奴隷として働いていたアンドロイドが8人逃げ出したとの情報がもたらされ、リックは捕まえるために動き始めた。人間とアンドロイド、その違いは一体何なのか?

名作SF映画「ブレードランナー」の原作。

タイトルが格好よければ話も格好いい。華やかなストーリーに深みをもたらし、人々を惹きつけてやまないのは〈人間とは何か〉という普遍的な問いかけであろう

単なるSFではなく、哲学的な思想が垣間見えるこの作品はいつ読んだって面白いのだろうと思った

ロバート A ハインライン

時は2076年7月4日、月世界の植民地は圧政の苦しみに耐えられず、地球政府相手に独立宣言を行った!
月は地球の流刑地、あるいは植民地として、資源を奪われ続けてきた。独立宣言の先頭に立ったのはコンピューター技術者のマニー、自我を持つ巨大コンピューターのマイクだった。
だが月世界人はミサイルも宇宙船も持っていなかった。彼らはいかにして地球に立ち向かうのか?

ヒューゴー賞受賞作。

ストーリーは良く練られていてとても面白く、引き込まれた。 この本にインスパイアを受けて世に出た作品群が頭にいくつか 浮かんできた。それだけ影響が大きかったんだと思う

1