1. まとめトップ

【最近は和装が人気♡】和婚の魅力まとめ

結婚式、前撮りはウェディングドレスだけじゃない!最近はやりの和婚を取り入れた結婚式”和婚“の魅力をお伝えします♪

更新日: 2018年07月21日

2 お気に入り 8504 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

natupaaさん

和婚とは

「和」の要素を取り入れた結婚式を和婚といいます。女性も男性も、日本人にはやっぱり和装が似合う!一生に一度しか着られない白無垢を着ておきたい!など、和装衣装の結婚式にあこがれるという女性も多く、和装ウエディングはいま注目の的です。わたしたち日本人が日本特有の艶やかで雅な美しさに魅入られるのはごく自然なことですね。

和装といっても白無垢と色打掛がある

白無垢

そもそも白無垢は、室町時代から着られるようになった、最も格の高い婚礼衣装です。「綿帽子」をかぶり、「嫁ぎ先の色に染まる」という意味の込められた真っ白な衣装に身を包みます。

色打掛

色打掛は白無垢と同格の婚礼衣装で、挙式・披露宴どちらでも着用ができます。

なので「挙式は白無垢、お色直しで色打掛」を選ばれる花嫁さまも多くいらっしゃいます。

花嫁様しか着用できない特別なお衣装なので、

お式でお召しになられるお衣裳の1つとしてぜひ色打掛も取り入れてみてください。

和装のメリット・デメリット

<メリット>
・華やかな印象になる
→やはり日本人は着物がとても似合うのでとても華やかな印象になります。

・厳かな雰囲気がでる
→白無垢は来ているだけでも目を見張るものがあるので厳かな雰囲気が漂います。

・年配の方にうけがいい
→年配の方はやっぱり着物が好きな方が多いので、とても受けがよく、
参列者意外の方でも素敵だったと言いながら振り返る方が多いようです。

<デメリット>
・費用が高い
→和装は値段が高いものが多いのでセットプランなどを探したり、
契約する際に平均の値段を聞いて置きましょう。

・お色直しに時間がかかる
→洋装から和装にお色直しする場合は、
洋装から洋装、和装→和装とするより時間がかかるので、
歓談時間の間に何か演出(DVDを上映したり)を入れたりするのもいいいと思います

着物を着た花嫁さんたち

今更ながら前撮り写真! 加工なしでこのクォリティ! カメラマンごいすぅ(*'ω' パチパチ☆彡 #前撮り #白無垢 #色仕掛け #ララグラフィー pic.twitter.com/E3QANSwX17

前撮りの白無垢♥️♥️♥️ この日目パンパンの結膜炎w ちょうど2週間後は結婚式 皆様よろしくお願いします♡ pic.twitter.com/EVKn83Gow6

前撮り朝早くからやったけど 一生に一回の白無垢と色打掛着れて大満足 ドレスも着たけど当日までお楽しみに 幸せな1日やったー pic.twitter.com/1vzIe8fRhI

色打掛の選び方

基本的には大柄な方は大きな柄を、小柄な方は小ぶりの柄を選ぶと似合うと言われています。自分では基準がわからないと思いますが、和装をレンタルするときはそういったポイント含めてレンタル会社の方などと相談するとより素敵に着こなせるでしょう。

1