1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

◆節約のために、扇風機を使っている方も多いと思います

暑さ対策には、クーラーを使うのが、一番の方法だけど、電気代が高いので、ガマンをしている人も、いるでしょう。

上手に使えば電気代の節約になるといわれている扇風機ですが、もしかしたらあなたの使い方で無駄にエアコンを稼働させる原因を扇風機で作ってしまっているかもしれません。

◆まず知っておいてのは、直接体に当てるものではないということ

エアコンを使わずに涼しさを感じるには、扇風機を置く位置がポイントです。

室内を涼しくしたい時、どうしてもお部屋の中に向けて扇風機を回してしまうと思うのですが実は窓の外に向けて回した方が涼しくなるのです。

また、空気の通り道に障害物を置かないことも大切です。部屋の風通しを妨げないよう、家具や物などの配置にも注意しましょう。

●なぜ外に向けるといいのか?

部屋の空気が外に出て行く代わりに、外の空気が入ってくる換気扇と同じ仕組みです。少しすると外の涼しい空気が部屋に入ってきます。

⚠だ・だ・し!外の気温が部屋の中の気温よりも低い場合だけにしてください

とはいえ逆に、外の温度も部屋の中の温度もほぼ一緒であればあまり効果を期待できませんので、使い所を間違えないでくださいね。

跳ね返ってきた風は、まるでそよ風のように優しい風になるので、その風が足元に当たるようにすると身体への負担も直接風に当たるより少なくなります。

エアコンと扇風機を一緒に使用する場合は、風向きと方向を意識するといい

・エアコンの風向き・・・・・水平に設定

・扇風機の方向・・・・・・・・・・天井に向けて回す

冷たい風は下に行きやすいことはご存知でしょうか。これを利用するんです。クーラーは28度くらいに設定し、扇風機の風は天井へ向かうようにします。

エアコンからの冷気はそのままだと足元に溜まってしまうので、扇風機で風を起こして室内の空気を循環させると均一に冷気が行き届きます。

顔や首などに冷気が届いたほうが涼しく感じ、体感温度が下がります。そうすることでエアコンの設定温度を上げることも可能になり、エアコンの電気代節約ができます。

◆また、扇風機をつけたまま寝ると、起きたときに体がだるく感じませんか?

エアコンが苦手な方や、節電をしている方は、寝ている間は扇風機をつけっぱなしで寝ることも多いと思います。

扇風機をつけたまま寝てしまって、朝起きた時に疲れるという人もいます。これは、「内臓と血液の冷え」によるものと考えられます。

1 2