1. まとめトップ
  2. ガールズ

夏だから、大胆に!! セレブに習って、いつもと違う私のアイメイク

夏だから、ちょっとだけ大胆になれる。照りつける太陽にも負けないような。或いは、すべてが大胆になれなくても、ちょっとだけアイメイクを変えるだけで、いつもと違う私になれるかも。どのカラーで、この夏を誰かの視線を、手に入れる?

更新日: 2018年12月02日

30 お気に入り 44118 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nonoichigoさん

▼夏だから、クールにキメたい『白』『パール』

右が、上と同じクリステンのアイメイク。

(シャネルのシルバー)ドレスに合わせてクリステンは、真っ白な
ホワイトアイライナーを引いたクールなアイメイク。

今回のカンヌ国際映画祭では、いくつものレッドカーペットに出席
してドレス姿を披露したクリステンは、ブルーの囲みメイクや、スモ
ーキーアイ、真っ赤なマットリップなどさまざまなメイクを披露した

▼夏だから、遊び心いっぱいの『イエロー』『ブロンズ』

カラーメイクでも一見難しそうなイエロー。奇抜だからと避けられ
がちなイエローだけれど、じつは日本人の肌にとても馴染みがよく、
目元を優しく演出してくれる。

目頭にイエローで存在感をアップ
「く」を描くように目頭部分にイエローアイシャドウをのせること
で、より印象的な目元に。ぼかして優しげな雰囲気にするのも◎。

マーゴットの場合、ブラウンというよりも。
オレンジと合わせて。

印象的な囲み目メイク
囲み目メイクといっても奇抜にならないように、ブラシや指で
ポンポンと少しずつのせていくのがポイント。イエローと相性のいい
ブラウンも一緒に混ぜると綺麗に馴染む。

▼夏だから、太陽に負けない『レッド』『オレンジ』

人気メイクアップアーティストのケイティ・ヒューズは、チークを
使って目尻にレッドをプラス。

サンセットのようなオレンジピーチに、シアーブラウンを目尻に
たっぷりと。マスカラも目尻にかけてたっぷり塗ることでニュアンス
豊かな表情に。

▼夏だから、爽やかさを手に入れたい『ブルー』『パープル』

上まぶたの目頭から黒目までと目頭を囲むように、淡いシャイニー
なブルーをぼかしながら入れることで、ソフトな女性の印象に。目尻
をブラウンでしっかり引き締めるのがポイント。

ワンカラー(シャイニーブルー)をアイホール全体にのせ、目頭を
囲むようにホワイトを入れるだけ。光のコントラストが顔全体を
華やかに見せる。太めのアイラインとボリュームまつ毛で締めるのが
ポイント。

上まぶたにはパープル、下まぶたにはブルー、そして目頭を囲む
ようにホワイトと、目のキワに、同じ太さでラインを入れれば、
マルチカラーが簡単に決まるので、ぜひ、真似してみて!

1