1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ハリウッド ゴジラ続編『ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ』の予告編解禁!

アメリカで2019年5月に公開となる怪獣映画『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ / Godzilla: King of Monsters』から、キングギドラ・モスラ・ラドン登場の最新予告篇が解禁。

更新日: 2018年12月11日

2 お気に入り 12417 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kageyasuさん

●2010年に公開予定の怪獣最高決戦「Godzilla vs. Kong」へつながる注目作!

現地時間21日、2014年に公開されたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編となる『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題) / Godzilla: King of Monsters』の予告編が、アメリカ・サンディエゴで開催中のコミコン・インターナショナルで初公開された。

●ついに登場!日本版予告!!!

日本版予告公開!モスラ、ラドン、キングギドラ登場!!!

青く光り輝く放射熱線を天高く放出するゴジラ、優雅にその羽を目いっぱいに広げるモスラ、噴火する山の頂に悠然と君臨するラドン、不気味なほど大きなシルエットをあらわすキングギドラと怪獣たちの姿が映し出されていく。怪獣たちに蹂躙される街のなかで、押し寄せる絶望感と、それに翻弄される登場人物たちの人間ドラマに思わず引き込まれる映像は、「我こそ王(キング)だ」と言わんばかりのゴジラの咆哮で幕を閉じる。

『GODZILLA2:キング・オブ・モンスターズ』の内容は、キングギドラやラドン、モスラが登場する日本版ゴジラ「三大怪獣 地球最大の決戦」のリメイク的な作品になるのではないかと言われています。

コミコン・インターナショナルの最初のティーザーとして公開されたこの予告編で、ミリー演じるマディソン・ラッセルは"モンスター退治"専門部隊であるモナークにコンタクトを取ろうと無線に呼びかける。何度か試した後に無線の向こう側からも雑音が聞こえてくるようになるのだが、スピーカーから流れてくる音は人間の声ではなく、"モンスター"の襲撃を受ける人々の喧騒と"モンスター"自体から発せられている謎の音だけ。直ぐに異常な事態に陥っていることに気付いたマディソンは、恐怖のあまり震え出し、両手で耳を抑えたままうずくまってしまう。

●ゴジラとキングギドラが激突!『ゴジラ』Official Trailer 2!

前作から5年後を舞台にした本作。Trailer 2では、地球に現れた怪獣はまだ氷山の一角に過ぎないため、「どの怪獣が我々を守り、どの怪獣が我々の脅威となるのか」と人類が検討するシーンから始まる。「つまりゴジラを飼い慣らしたいのですか?」という声には笑いが起きるも、渡辺謙ふんする科学者・芹沢博士が「いいえ、我々が飼われるのです」と答えると一気にシリアスなムードに……。それ以降は圧倒的なパワーを誇る怪獣たちが壮絶なバトルを繰り広げ、人間よりも怪獣そのものにフィーチャーした内容になっている。

タイトルの通り本作には、ゴジラ以外にも強大な怪獣たちが登場。この日、コミコン内で行われたパネルディスカッションに登壇したマイケル・ドハティ監督が、「ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラ……それにもう少しだけサプライズがあるよ」と明かすと、会場からは歓声が沸き起こった。

ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラ……それにもう少しだけサプライズがあるよ

予告編では、世界中に眠っている巨大怪獣によって、人類が滅亡の危機に立たされていることが示唆される。そして、天を覆いつくすほど巨大なキングギドラのシルエット、火山の上で羽を広げ、上空を飛ぶだけで都市を破壊するラドン、美しい羽を広げるモスラなど、幻想的で迫力に満ちた怪獣たちの姿が映し出される。

本作には、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」の天才子役ミリー・ボビー・ブラウンが出演。予告編のオープニングを飾り、モスラと心を通わせるような描写も見られるなど、彼女の演じるキャラクターが、劇中で重要な役割を果たすようだ。

天才子役ミリー・ボビー・ブラウン

本作についてミリーは「私が生まれる前から存在しているフランチャイズへの参加は初めてだったから少し怖くもあったけど、撮影はとても楽しかったです」と語り笑みを浮かべた。この日のパネルには、同じく出演者のヴェラ・ファーミガも出席した。

(L-R) Millie Bobby Brown, Vera Farmiga, O'Shea Jackson Jr., Thomas Middleditch, and Michael Dougherty

自ゴジラの大ファンだというというドハティ監督は、「今も子供のころより高くてデカくなったゴジラで遊んでいるのさ」とご機嫌。本作にはそのほか、前作キャストの渡辺謙やサリー・ホーキンス、中国人女優のチャン・ツィイーも出演。2019年5月31日の全米公開を予定している。

●関連サイト

1 2