1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『中学聖日記』にも期待!脚本家「金子ありさ」おすすめ映画

有村架純主演の10月期秋ドラマ『中学聖日記』の脚本を担当する「金子ありさ」。原作もの作品には定評がある。そのおすすめ映画5作品。山田孝之×中谷美紀『電車男』、中谷美紀×大沢たかお『7月24日通りのクリスマス』、岡田准一『陰日向に咲く』、沢尻エリカ『ヘルタースケルター』、山崎賢人『羊と鋼の森』。

更新日: 2018年11月21日

6 お気に入り 10960 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆有村架純主演『中学聖日記』の脚本を担当する「金子ありさ」

有村架純が、フランス在住の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画のドラマ化「中学聖日記」に主演する。

ドラマは、有村演じる片田舎の中学校の教師・末永聖が、婚約者がいながらも10歳年下の中学生・晶に惹かれていく姿を描くヒューマンラブストーリーだ。

演出は『リバース』『アンナチュラル』や、有村の主演映画『コーヒーが冷めないうちに』で監督を務めた塚原あゆ子らが担当。脚本は、映画『羊と鋼の森』などの金子ありさが手掛ける。

◆原作ものには定評があり、その守備範囲も広い

東京都出身。1995年「ときわ菜園の冬」で第8回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞。 1996年に「TOKYO23区の女」(フジテレビ系)でデビュー。

登場人物ひとりひとりのキャラクターに寄り添い、原作をまとめる力に定評のある金子ありさ

映画では、『電車男』、『ヘルタースケルター』。連続ドラマでは、『ナースのお仕事』の3と4、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』、『絆~走れ奇跡の子馬~』など。守備範囲の広さには定評がある。

◆そんな金子のおすすめ映画5作品

▼『電車男』(2005)

監督:村上正典
脚本:金子ありさ
原作:中野独人
出演:山田孝之、中谷美紀、瑛太、佐々木蔵之介

インターネットから生まれた奇跡の純情初恋物語を映画化。

ある日、電車の中で酔っ払いから美女を助けたオタク青年。恋愛経験のない彼はインターネットサイトの住人たちの応援を受け、恋の成就に向けて奔走する。

電車男を演じるのは若手実力派ナンバ-ワンの山田孝之。電車男が憧れる美女・エルメスに中谷美紀。

▼『7月24日通りのクリスマス』(2006)

監督:村上正典
脚本:金子ありさ
原作:吉田修一
出演:大沢たかお、中谷美紀、佐藤隆太、上野樹里

異国情緒あふれる長崎の街を舞台に、妄想の恋に生きる女性が本物の恋を探して奮闘する純愛ラブストーリー。

芥川賞作家の吉田修一による原作を、『電車男』の村上正典監督と脚本家の金子ありさが女版『電車男』ともいうべきロマンティックな物語に作り上げた。

「電車男」では主人公が憧れる女性・エルメスを演じた中谷美紀が、本作では正反対の冴えないヒロインを演じる。憧れの先輩に扮するのは実力派俳優の大沢たかお。

▼『陰日向に咲く』(2008)

監督:平川雄一朗
脚本:金子ありさ
原作:劇団ひとり
出演:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき、塚本高史、三浦友和、西田敏行

東京に生きる“ダメダメな人たち”の奮闘を描いた、劇団ひとりのベストセラー小説を映画化。

オレオレ詐欺に手を染めたもののカモの老婆に親近感を抱いてしまう青年、若い頃売れない芸人に恋をしていた母の青春時代を辿る娘、25歳の崖っぷちアイドルと、彼女を応援するアキバ系オタク。年代も境遇もバラバラな彼らの人生が、ある台風の日にひとつに重なり…。

主演を務めるV6の岡田准一、『NANA』の宮崎あおいら若手と、西田敏行、三浦友和らベテランたちが絶妙なアンサンブル演技で魅せる。

1 2