1. まとめトップ

スープから手作り冷やしチキンフォーの作り方!暑い夏を吹き飛ばす!ベトナム料理の定番「フォー」

さっぱりとした鶏のフォーを、冷たくしてさらに爽やかに仕上げました。鶏のだしはいろいろなトッピングとの相性も良いので、お好きなトッピングでぜひ試してみてくださいね。シンプルなチキンフォーにたっぷりのトッピングをのせて、お店の味をご家庭で楽しんでみませんか。

更新日: 2018年07月22日

2 お気に入り 1969 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hayate15さん

ベトナム料理の定番「フォー」

フォーとは、米粉を使って作る平たい麺で、ベトナム料理の定番です。

鶏のだしを使ったものを「フォー ガー」、牛のだしを使ったものを「フォー ボー」と呼び、日本でもアジアン料理の定着とともに普及してきました。最近では、スーパ ーなどでも乾物のフォーを手に入れることができるので、ご家庭でも簡単に作ることができます。

今回は、暑い季節にぴったりの冷たいスープでいただくシンプルな鶏を使ったフォーのレシピをご紹介します!

スープから手作り冷やしチキンフォーの作り方

【材料】2人分

フォー      2人分
鶏胸肉      1枚
もやし      1/2袋
レモン(輪切り) 4枚
パクチー     適量
水        600cc
A酒        大さじ1
Aしょうが     ひとかけ分
Aにんにく     ふたかけ
A塩        小さじ1
Aこしょう     少々
ナンプラー    小さじ1

今回ご紹介するレシピは、鶏の胸肉を使ってスープを作るところから始めます。

鶏がらスープの素を使わなくても、十分美味しいスープが取れますよ。

【下準備】

鶏胸肉は、皮と余分な脂肪を取り除き、厚みのあるところに包丁を入れて均一の厚さにする。
しょうがは皮付きのまま薄切りにし、にんにくは包丁で軽くつぶす。
もやしはサッと茹でておく。パクチーは葉の部分を摘み取る。

1. 鍋に水とAを入れて沸騰させて鶏胸肉を入れる。再度沸騰したら弱火にし、そのまま5分ほど茹でたら火を止め、蓋をしてそのまま冷ます。
⇒粗熱が取れたら冷蔵庫へ。

2. フォーを袋の表示通りに茹でる。茹で上がったら流水で軽く揉み洗いし、水気をきって器に盛り付ける。

3. よく冷えたスープを冷蔵庫から出し、鶏肉を食べやすい大きさにカットする。

スープはナンプラーを加えて混ぜてから、ざるで漉してフォーを盛り付けた2の器に注ぐ。

最後に鶏肉、もやし、パクチー、レモンをトッピングしていただく。

あさりのフォー

あさりの旨みがギュッと凝縮されたフォー。カロリーは252kcalと低カロリーなので、寒い日の夜食にもぴったりです。炒めたあさりに水を加えて、ナンプラーや塩で味を調えるだけ。パクチーやライムを添えて、さっぱりとした味わいに仕上げています。

レシピはこちら
http://www.abc-cooking.co.jp/plus/recipe/detail/?id=0447

スープから作るチキンフォー

鶏もも肉のゆで汁をつかった、本格的な手づくりフォー。ゆで汁にナンプラーや砂糖を加えるだけで、意外と簡単にスープが完成します。ゆで汁用につかった鶏もも肉も具材として活用して、ボリュームたっぷりのフォーに。レッドオニオンやフライドオニオンをトッピングして、彩りも豊かに仕上げています。

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/12251/recipe/145175

いかがでしたでしょうか? さっぱりとした鶏のフォーを、冷たくしてさらに爽やかに仕上げました。

鶏のだしはいろいろなトッピングとの相性も良いので、お好きなトッピングでぜひ試してみてくださいね。

1