1. まとめトップ

風俗店から一般企業に転職する方法

風俗嬢や店舗スタッフの方が風俗店から一般企業に転職する方法をまとめました。

更新日: 2018年07月23日

3 お気に入り 7305 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1.転職する際の心構え
2.一般企業に転職する方法
(1)履歴書の書き方
(2)採用試験の受け方
(3)転職支援サービスを受ける
3.終わりに

風俗店から一般企業に転職したい人が多い昨今…

地元の国立大学(文系学部)を卒業後、風俗業に就職。一昨年より転職サイトに登録、企業に100社以上応募していますが、採用暦はありません。

風俗を辞めて就職したいです。
もうずっと辞めたいとは思っているのですが、普通の仕事をする方法がわからない為、こちらに頼る事にしました。

男女問わず様々な事情から風俗業界で働いてきたものの、いざ一般企業に転職しようとしても難しいという現実に直面している方が多いです。

そこで、本まとめでは風俗店から一般企業へ転職する方法をまとめました。

1.転職する際の心構え

①一般企業の厳しさを認識しておく

風俗業界では、遅刻や欠勤、バックレ等に対してある程度大目に見られる傾向があります。

しかしながら、一般企業に転職した場合、一度でも遅刻や欠勤をしようものなら厳しい叱責を受けることも珍しくありません。

また、風俗業界で得ていたような高収入はよほどホワイト企業でなければ実現できません。日払いもない企業が多いです。

これらの厳しい現実を理解したうえで転職しましょう。

②二度と風俗業界に戻らない決意をしておく

いざ一般企業に転職してもまた風俗業界に出戻りしてしまう人は多いです。

風俗業界で年齢を重ねれば重ねるほど人に言えない職歴ばかりを積み重ねてしまいます。

一度、一般企業に転職したら風俗業界には戻らないようにしましょう。

2.一般企業に転職する方法

(1)履歴書の書き方

転職する際、面接や履歴書で職歴を説明することになります。当然、風俗店で働いていたことをストレートに伝えてはいけません。
そこで、職歴をどのように書けばいいかまとめていきます。

①空白期間にしてしまう

空白期間というディスアドバンテージを追ってしまうリスクはありますが、その期間何をしていたのか明確な理由が説明できれば採用担当者に納得してもらえる可能性があります。

風俗嬢の方であれば家事手伝いをしていたことにしてしまうのがおすすめです。

店舗スタッフであれば両親や祖父母の介護に従事していたことにするのがおすすめです。

②会社名を記載する

勤め先の風俗店が法人経営を行っている会社組織であれば、それをそのまま職歴に記載するのもアリです。採用担当者にどのような企業であるかネットで検索されてしまうリスクはありますが、空白期間を作らずに職務経験を伝えることができます。

風俗嬢の場合はエステ店の施術師、店舗スタッフであればエステ店の店舗スタッフや店舗事務など、嘘にならない程度に風俗店勤務であることを隠せる職歴に仕上げましょう。

③辞める前に職歴を作る

風俗店で働きながら又は退職してから一般企業にアルバイト勤務をして職歴を作る方法です。

アルバイト採用の場合は正社員採用に比べて比較的採用条件が緩く、応募者の職歴を事細かく調べることも少ないため、採用されやすいというメリットがあります。

頃合いを見て一般企業に正社員転職することもできますし、勤務先でそのまま正社員登用試験を受けることもできるため、前述の2つの方法に比べてリスクが少ないです。

(2)採用試験の受け方

①とにかく応募しまくる

転職の採用試験では書類選考や筆記試験、面接など多くの難関を突破して初めて内定を獲得できます。

一般企業で社会人経験を積んできた経験者もたくさん応募しているため、落ちるのは当たり前ぐらいに思っていた方がいいかもしれません。

応募し続ければ必ず転職できる会社が現れるため、絶えず応募し続け持ち駒を増やしておきましょう。

②隠し通せないような嘘はつかない

1 2