1. まとめトップ

【絶対するな】熱中症予防で逆効果なこと

毎日暑い(-"-)あなたが熱中症予防にやっていることは間違っているかも。

更新日: 2018年07月23日

2 お気に入り 22532 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

natupaaさん

異常に暑いこの夏、熱中症に注意

命に関わる深刻な暑さになります. 今日23日の最高気温は,熊谷・名古屋・岐阜39℃,前橋・甲府・京都38℃,東京都心37℃をはじめ,各地で本当に危険な暑さが続きます.何度でも言いますが,暑さ対策をしないと命を落とします.必ず十分な暑さ対策をしてください.熱中症に厳重な警戒をお願いします. pic.twitter.com/Woyn2K0grZ

これはもう「外出る人熱中症気をつけて」というより「なるべく外に出るな」のレベルよね

@janeway_tlr2 熱中症の報道の度に 死ぬほど具合が悪いなら 何故本人が気づかない 周りの人も気づかないと疑問でしたが、大丈夫と思って頑張ったら 命を落とす事になったりする 頑張り過ぎないほうがいいですね。 この暑さには 自然には逆らえませんね。

熱中症とは

私達の体は、体温が上がり過ぎると皮膚から熱を放出したり、汗をかいたりすることで体温を正常に保っています。しかし、高温・多湿の環境に長くさらされていると、体温調節が出来なくなってしまい、体温がどんどん上がり、水分や塩分が失われて、失神(立ちくらみの状態)や筋肉のひきつれ(こむら返り)が起こったり、異常な高体温のため多臓器不全(脳、肺、肝臓、腎臓などの多くの臓器が機能しなくなること)となり、危篤状態に陥ることもあります。

水がぶ飲みは逆効果

熱中症対策として水・お茶をガブガブ飲むのは、なんと逆効果らしいのです。

「汗をかくと、水分だけでなく塩分(ナトリウム)も一緒に出ていきます。体内の塩分の濃度はほどよいバランスが保たれています。それなのに水だけを飲むと、塩分濃度が下がってしまい、濃度を保つために身体は水分を排泄しようとするんです。

 つまり、塩分補給をしないまま水だけを飲むと、ますます脱水が進んで、逆効果になってしまう恐れがあるのです」(女子栄養大学教員・浅尾貴子さん)

じゃぁ何をどのくらい飲めばいいの?

熱中症対策として補給する水分は水だけでなく、ナトリウムも摂取する

熱中症予防の際・熱中症を疑った際には、塩分と水分が適切に配合された経口補水液(けいこうほすいえき)を飲むとよいでしょう。(日本では、経口補水液オーエスワン®(OS-1)が普及しています。また、小児用としてアクアライト ORS®も発売されています。)  

また、飲水量として推奨されるのは、以下の通りです。

高齢者を含む、学童〜成人が500~1,000mL/日
幼児(1歳〜小学校入学)が300~ 600mL /日
乳児(〜1歳)が体重1kg当たり30~50mL/日

食べ物から予防

梅干し

梅干しは熱中症で失われやすい塩分やミネラルを、効率よく摂取することができます。

梅に元々含まれている豊富なミネラルと漬ける時に使う塩によって、熱中症対策に万全の食品となっています。

また、梅干し特有のすっぱい味の成分であるクエン酸も多く含まれていて疲労回復にも効果が高いので、熱中症対策だけでなく夏バテにも効く食べ物です。

スイカ

実はスイカは熱中症予防の力強い味方なんです。

実際、スイカは水分が90%とほとんど水なのですが、実は糖分をはじめカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているのです。

よくスイカに塩をつけて食べますが、これも理にかなった事で、そうするとまるでスポーツドリンクと同じ成分になるのです。

扇風機の使用

35度以上で扇風機をつけると、涼しさをとるどころか、熱が加算されて、熱中症になる可能性が高まるのです。



また、うちわや扇子の場合、仰ぐことによって筋肉を使い熱くなり、作り出される風も熱風という危険な物になります。

扇風機やうちわ、扇子は、35度以上では熱中症マシーンになります。

扇風機は涼しいというイメージから、猛暑日(最高気温35度以上)につけたりすると熱中症で倒れてしまうこともあるのですね。

だから扇風機の風が涼しくないと感じる場合は、扇風機を使わない方が良いでしょう。

結局一番大事なのは事前の準備

北海道などの比較的涼しい地域でも、急に気温や湿度が上昇する日には熱中症になる可能性があります。
熱中症を予防するためには、事前に経口補水液やスポーツドリンクなどを準備したり自身の健康状態を把握したりすることが大切です。

汗が止まってしまったときや手足にけいれんがあるなどの症状があるときなどは、無理をせずに休み水分補給をしましょう。

乳幼児や高齢者が家族にいる場合は、体調に気を配り熱中症を予防することも欠かせません。
熱中症に関する正しい知識をもち、夏場も健康に過ごせるように心掛けたいですね。

1