Aさんは、30プリウスを新車で買い、年間5万km走行するので、4年で20万km走行し買い替えたそうです。

「水溜まりの中も走っていましたし、高圧洗浄もしたけれど、1度もそんな症状はなかったです。今の車はオイル交換さえしてあれば、30万kmは楽に走る」 との事でした。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

30プリウスのブレーキ、ABS警告灯とが点いた故障はどうなるの?

大暑の日、コイン洗車場で高圧洗浄機で洗車した後、走り出すと、ブレーキ警告灯、ABS警告灯、トラクションコントロール警告灯の3つが点灯。ハイブリッドシステム再起動すると消えるが、走行するとまた点灯する。今回ディーラーに持ち込み無償修理となったまとめ。

このまとめを見る