1. まとめトップ

熱中症を防げ!意外と知らない「かくれ脱水」のまとめ

猛暑の影響で熱中症の危険が取りざたされていますが、そうなる前に知っておきたい「かくれ脱水」について調べました。室内などでも起こる可能性は十分にあります。注意すべきシチュエーションや対策についてまとめました。

更新日: 2018年07月24日

3 お気に入り 815 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼できる情報をもとにお届けできるよう努めています。気づきにくい脱水症・かくれ脱水についてまとめました。

macolikeさん

「かくれ脱水」を知っていますか?

かくれ脱水とは、自分では気づかない内に身体の水分が減り、脱水症の一歩手前の状態になっていること。放っておくと脱水症に陥り、水分不足から汗が作れない状態に。すると体温を下げることができず、熱中症を引き起こしてしまうのです。

脱水症は進行するまで、これといった症状が出にくいのが特徴。脱水症になりかけているのに、本人や周囲がそれに気がつかないため、有効な対策が取れていない状態を「かくれ脱水」と呼びます。

実は「かくれ脱水」になっているのに、今まではそれが気づかないままに放っておかれることが多かったのです。医者にかかる脱水症の患者さんは、すでに発症してから数日経っている中度以上で、命の危険をともなうものでした。

かくれ脱水の起こりやすいシチュエーション

脱水症はさまざまな状況で起こり、その前触れとなる「かくれ脱水」はいつでもどこでも起こります。なかでも注意したいのは、①屋内、②夜間、③運転中という3つのシチュエーションです。

屋内

脱水症の多くは実は屋内で起こります。ことにマンションのように気密性の高い集合住宅では、風通しが悪くなり、かいた汗が蒸発しにくく、体温が下がりにくいため熱中症のリスクが上がるのです。

基本的にオフィス内はこれらの要因から熱がこもりやすい環境なので、室内で脱水症状になってしまう、いわゆる「かくれ脱水」を発症してしまう方も少なくありません。

夜間

夜間も熱中症の危険度が高まります。ことに暑い季節のコンクリート製の住宅では、昼間にコンクリートにこもった熱が夜間に放熱されるため、気温が上がりやすくなります。それなのに「夜トイレに起きたくないから」と水分摂取を控えると、発汗が増えて脱水症になりやすいのです。

のどが渇いたり尿量が減ったりする症状が現れますが、高齢者は、「トイレの失敗をしたくない」、「トイレに行く回数を減らしたい」、「夜間トイレに起きたくない」という思いから、水分を控えがちです。
本人が水分不足を自覚していないことも多いため、「隠れ脱水」を起こしやすくなります。

運転中

運転中に熱中症になることもあります。運転に限らず、熱中症には「物事に“熱中”しすぎるとリスクが上がる」という側面があります。物事に熱中しすぎると水分補給が疎かになりやすいからです。さらに運転中はトイレに行く回数を減らすために水分を制限しがち。窓を閉め切ると風通しが悪くなって汗が蒸発しにくいため、体温も上がりやすくなります。

見落としがちなのは車の運転中です。
クーラーの効いた車内はのどが渇いたと感じにくく、脱水しやすい環境です。
運転中も水分補給を忘れないようにしましょう。

こんな時はかくれ脱水を疑って!

「べた」...首筋などがべたべたしてくること。
汗をかいていないように見えても、首筋などを触ってみて"べたべたしている"と感じた時は注意が必要です。蒸し暑さの中で、気づかないうちに体の水分が失われている可能性があります。

「だる」...体のだるさがとれないこと。
食欲が落ちると様々な栄養素が不足し、体が疲れやすくなります。また、食欲が落ちている時は口の渇きを察知するセンサー機能も下がっており、喉の渇きを感じにくくなります。そのままにしてしまうと脱水状態が進みますので、注意しましょう。

「ふら」...めまいや立ちくらみ、ふらつきなどの症状を感じること。
体の水分が失われると、血液がドロドロになり、血流が滞ってしまいます。この血流の滞りが、めまいやふらつきを引き起こす原因となります

「いた」...足がつったり、頭が痛くなったりすること。
脱水状態になると、塩・カリウム・カルシウムなどの電解質が不足するため、筋肉が痙攣しやすくなります。水分と塩分補給を行い、改善しない場合は医師に相談してください。

かくれ脱水を予防するには?

暑い日には、屋内にいても、カラダを冷やすものを食べたり(伝導)、涼しい場所を選び(放熱)、汗をかくこと(蒸発)、エアコンのドライ機能に加えて扇風機などで室内の対流をうながすことなどを心がけましょう。

かくれ脱水を防ぐ! 効果的な水分の摂り方

①水とスポーツドリンクを使い分ける
日常生活であれば水で十分ですが、スポーツをするなど大量に汗をかく場合には、水分と共に塩分も失いますので、冷たいスポーツドリンクや経口補水液など塩分を含んだ飲料を飲むのが効果的です。

②がぶ飲みよりちょい飲み
一度に大量に飲むと胃腸に負担がかかります。少しずつ飲むと胃腸への負担が少なく、体温コントロールもしやすくなり、身体も吸収しやすいのです。

体温を上げない!
・衣類は、通気性の良いもの、吸湿性・速乾性のあるものを着用する。
・日傘や帽子を活用して日差しを避ける。
・日陰を利用し、こまめに休憩をとる。

体温調節やこまめな水分補給で「かくれ脱水」を予防し、今年の暑い夏を乗り切りましょう。

1