1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

これは重要・・・夏に見直すべき「iPhone機能」

連日猛暑が続く日本列島。iPhoneユーザーが見直しておきたい機能をまとめました。

更新日: 2018年07月25日

111 お気に入り 132283 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

連日、猛暑が続く日本列島

夏に見直したいiPhone設定を確認

「メディカルID」とは、iOS8以降に搭載された「ヘルスケア」アプリの機能のひとつです。

事前に情報を入力しておけば・・・

「メディカルID」をあらかじめ設定しておくことで、医療関係者に伝えておきたい情報をすぐに確認してもらうことができます。

iPhoneで医療情報を提示できることは、意識がなくとも、治療に当たる人に適切な情報を伝えられるようになったことを意味する。

ロック画面になっていても、ロックを解除することなく、登録しておいた緊急連絡先に電話をかけられる

メディカルIDは私もこの間救急車乗った時ほんとうに重要さが身に沁みました あれないと家族に電話するのも一苦労

友人の救急車を呼んだ時に救急隊員が友人のスマホでメディカルIDをチェックしてて、こういうのって実際に使われてるんだな、見るもんなんだなって知った

年の暮れに救急車呼んで、付き添いしてました。 レイヤーでiPhoneユーザーは、メディカルID入れておいてください…持病とか、先天性のものを救急隊員さんに迅速に伝えられるの本当に大事。

設定方法は簡単

「ヘルスケア」アプリを立ち上げ、右下の「メディカルID」をタップすれば、説明画面が表示されます。

入力画面では、生年月日や血液型などの基本情報、持病や使用中の薬、アレルギーの有無、臓器提供の意思などを入力する。

一方で、情報漏洩のリスクも

ロック中に表示をオンにしておく必要があるので、万が一iPhoneを落としてしまった時に悪意のある人間にメディカルIDを閲覧されてしまう可能性があります。

病気についてや医療メモなど、プライベートな情報を必要以上に書き込む必要はありません。

紛失した際など、医療情報が他者から閲覧されるリスクはあるが、その際は遠隔操作でiPhoneのデータを消すこともできる。

あなたはどちらが大切ですか?「自分の命」か「緊急連絡先の電話番号」前者を大切にするのであればメディカルIDの設定をすべきですし、後者を優先するのであれば見送って良いかと思います。

連日の猛暑。iPhoneで歩数を確認

1 2