1. まとめトップ

美容と熱中症に効果テキメン!甘酒のすごい効果をまとめ

甘酒がもつ美容効果と、その種類についてまとめました。美容ケアに力を入れてみたい方は是非見てみてください。

更新日: 2018年07月24日

3 お気に入り 2355 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

美容

shin_risaさん

飲む点滴と言われる甘酒

甘酒は麹菌を発酵させて作られます。アミノ酸・ビタミン・タンパク質などの必須栄養素などの他にも食物繊維やミネラルなども含むため、「飲む点滴」と呼ばれています。

甘酒が持つ4つのうれしい効果とは?

飲むだけで女性にうれしい美容効果がいっぱい!さらに、栄養たっぷりなので夏バテや熱中症対策にもピッタリなのだとか。

①飲むだけでつやつや肌へ!美肌効果

②便秘改善にも効果的

甘酒にはオリゴ糖や食物繊維といった便秘に効果的といわれてる成分が入ってるんです♪
オリゴ糖は大腸で善玉菌をどんどん増やしてくれるので、整腸作用もばっちり◎
また、食物繊維も含まれているので便秘解消にもってこい♪

便秘に悩んでいる方には積極的にとっておきたい食物繊維・オリゴ糖などの成分がたっぷり。コップ一杯で整腸作用が期待できるのはうれしいポイントです。

③点滴と同じ栄養成分が!疲労回復にもぴったり

ここでご紹介する疲労回復は身体的な疲労より「頭の疲れ」です。受験勉強期間や徹夜でやらなければならない仕事を前にすると頭がボーッとしてくることはございませんか?

それは脳に栄養が足りてないサインです。脳の唯一のエネルギーが「ブドウ糖」です。甘酒の甘みのほとんどはブドウ糖のため脳が疲れたときに最適な飲み物です。

甘酒の主成分は「ブドウ糖」。このブドウ糖には脳にエネルギーや栄養を直接届ける効果が。甘酒は体を動かす仕事だけでなく、頭を使う仕事をしている方にもぴったりのドリンクです。

④夏バテ・熱中症予防に

甘酒には酵素も豊富に入っていて、それが体本来の機能を回復してくれる役割を担ってくれます。

夏バテになる原因であるミネラル不足も補うことができます。
甘酒にはビタミン、ミネラルが豊富です。

ビタミンも免疫力向上には欠かせません。
夏バテの防止はもちろんですが、夏風邪を引いてしまった時も甘酒は効きます。

甘酒には夏バテや熱中症対策に必要なビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。また夏風邪や食欲不振などにも効果的。毎日飲むことで不足しがちな栄養をしっかり補えるので、夏を乗り切るためにぜひ摂っておきたいですね、

甘酒には「米麹」と「酒麹」の2種類がある

甘酒は2種類のタイプに分けられ、それぞれ製造過程が異なります。蒸した米に麹菌を加えて発酵させる「米麹」と、米麹にもろみを加えてさらに発酵させる「酒麹」の2種類があります。

米麹で作られた甘酒の特徴

米麹の甘酒は、米麹・お米・お水を混ぜ、発酵させて作ります。独特の甘みは、お米のでんぷん質が発酵してできる、ブドウ糖の自然の甘みなんです。

米麹で作る甘酒は原料が米・米麹・水だけ。アルコールを含まないため、子どもでも飲めるようになっています。

酒麹で作られた甘酒の特徴

米麹に酵母菌を加えて発酵させ生まれた酒粕は、酵母と麹菌の2つの発酵パワーを持ちます。栄養価がとても高く、食物繊維、ビタミン、ミネラル、タンパク質の他に、ペプチド、アミノ酸、葉酸なども含まれています。

米麹に、さらに麹菌を加えてダブル発酵させたのが酒麹の甘酒。アルコールが入っているため、お酒として分類されtます。

ダイエット・健康管理なら米麹、美容目的なら酒麹を選ぶ

米麹の甘酒は砂糖を含まず、米本来の甘みを活かしたものが多いのが特徴。豊富な栄養素を含むことから置き換えダイエットにも最適です。
一方、酒麹の甘酒は米麹の甘酒に比べビタミンB群やタンパク質などの含有量に優れ、セラミドやコラーゲンなど美肌効果が高いのが特徴。
目的や好みに合わせて最適な甘酒を選ぶと良いでしょう。

おすすめ:米麹の甘酒マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒

ノンアルコールなのでお子様やアルコールに弱い方もお楽しみいただけます。
冬は温めてほっこりと、夏は冷やしてゴクッと飲み干せ、季節問わず米麹を作り続けてきたマルコメがお届けする、こだわりの「甘酒」をどうぞ。

1本125mlと、持ち運びに便利な甘酒です。アルコールフリー・砂糖不使用なので糖分が気になる方にも安心して続けられるのがうれしいポイント。温めても冷やしてもおいしく飲めます。

森永製菓 甘酒

1 2