いつもの「そうめん」をもっと美味しくする方法まとめ

暑い季節、食欲がなくてもさらっと食べやすい定番メニュー「そうめん」。実は、普通のつくり方にちょっと手間をかけることによって、もっと美味しくすることができるようです…!食べすぎて飽きたときの対処法も含め、この夏知りたい情報をまとめました。

更新日: 2018年07月27日

201 お気に入り 84674 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まず、気をつけたいのが…

麺をゆで過ぎないという事がポイントで、袋の表示を見ると2分とか5分と書いてあると思うんですけど、90秒くらいでいい

ゆで過ぎると麺が太くなってしまうので、時間を短縮しても良いそう。

茹でるときに梅干しを入れると、梅干しに含まれる酸の作用で麺がしまり美味しくなります

お鍋に『梅干し』を一粒入れると、クエン酸の効果で、お湯が弱酸性になって、麺がキューっと引き締まるんです

茹でた後は、水分をとった方が良くて

水を切って、氷を乗せず、そのまま食べてほしい。麺に氷を乗せちゃうと、氷の水分を麺が吸っちゃって、ブヨブヨになってしまいます

麺が水を吸収して柔らかくなり、どんどんコシがなくなることに。。

氷水で締めた後は、すぐザルに入れて食べて下さい。長時間、そうめんを水に浸していると水分を吸って小麦本来の味や食感が大きく損なわれます

他にも、「つゆを薄くさせない」「ぬるくなりにくい」などの効果が。

※上の写真のように盛ると麺がくっつくので、ひと口ごと小分けに盛り付けるのがオススメ。

アレンジレシピを試してみる手も◎

ちょい手間で美味しくできるのは、ネギやミョウガだけじゃない…

「オリーブオイル×岩塩」をかける食べ方は、シンプルながら美味しいとのこと。

1