1. まとめトップ

猛暑は当たり前!?100年後の天気が怖い!

異常に暑い今の日本ともっと暑くなるであろう未来の日本の天気をまとめました。

更新日: 2018年07月24日

2 お気に入り 1012 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

35度以上→猛暑日 40度以上→酷暑日、炎暑日!?

bm1076さん

もはや当たり前となった35度以上

今年の夏ははっきりいって異常
全国各地で猛暑日を記録しています。

今日(23日)も猛烈な暑さに見舞われた日本列島。埼玉県熊谷市は最高気温41度1分を観測し、歴代の国内の最高気温1位の値を更新しました。(これまでの国内最高気温は高知県四万十市西土佐で観測した41度0分でした。)東京都青梅市でも40度8分まで上がり、都内で過去初めて40度を超えました。東京都心も39度0分を観測し、今年の最高気温を更新しました。
そのほか、多治見では今年2回目の40度超を記録し、甲府も今年初めて40度以上となりました。

きのう22日は東北地方も、異常な暑さになりました。宮城県の仙台空港では37.3度まで上がり、観測開始以来もっとも高い気温を更新してしまいました。宮城県仙台市では36.7度、宮城県蔵王町で36.1度、福島県双葉郡浪江町と広野町で36.9度と、これらの地点では7月の観測史上1位の記録となりました。
また宮城県石巻市でも35.0度まで上がり猛暑日になったのですが、1887年からの観測開始以来、131年という長い統計期間の中で、たった5回目の猛暑日だったんです。沿岸部でも珍しいほど暑さが厳しくなりました。

日本は確実に暑くなっている

横軸が月日、縦軸が年で、1880年から現在までをグラフにしている。青、緑、黄、橙、赤になるに連れて気温が上がっていく。

高度経済成長真っただ中の1930年頃から急激に気温が上がっています

ある年の天気予報…

「2100年の夏も全国的に猛烈な暑さです。

特に西日本や東日本では気温が上がり、高知県四万十市では、44.9度、名古屋で44度、東京でも43.6度と観測史上1位の記録を更新。この暑さの影響で、今年は今日までに熱中症で全国12万人が病院に搬送されています!昼間の気温が30℃以上の真夏日ですが、那覇で183日と6ヶ月、大阪で142日、5ヶ月近く、東京で107日、札幌でも47日となっています。この記録的な暑さはまだまだ続きそうです。」

札幌も40度越え・・・恐ろしい

「ただ今、台風情報が入りました。

日本の南海上に、大型台風10号が出現しています。中心気圧は、895ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は、65メートル。

瞬間的には、90メートルという竜巻のような猛烈な風を吹かせる力を持った台風です。このあと、台風は、北上を続け、西日本から東日本の太平洋側に上陸する恐れが高くなっています。これまでに経験の無いような大雨、暴風、高波、高潮の被害が発生する恐れがあります。最大級の警戒が必要です!」

いわゆるスーパー台風

もう昔の夏を基準にしてはいけない

今と昔では気温がまるで違います。ケチらずにエアコンをつける、夜も水分補給をするなどして楽しい夏を!

1