1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

cryptlerさん

◆電源切ろうとしただけなのに警報が鳴る!

iPhoneⅩさ、電源落とすときに、SOS的なボタンとかも出てくるんやけど、 電源落とすってやつをスワイプするのが遅くなってしまったら、地震警報みたいに爆音キュインキュインなるから怖い、、、 しかもSOS連絡先にしてる人に連絡行ってまう

最近うちのiphonexちゃんが、電源切るときに一瞬警報が鳴らしよるねん…めっちゃ怖いから辞めて欲しい…なんでよ…

IphoneXで電源落とそうとしたらSOSの警報音が鳴り響いてしかも今にも電話掛けるぞ!みたいな演出するの嫌いすぎてSOS機能そのものをオフにした。誰も俺を助けることなんて出来ない。1人で生きていくぞ。

◆iOSの緊急SOSのせい

iOS 11には、緊急SOSという機能があります。これは、文字通り緊急時に自動的に警察、海上保安庁、救急に連絡する機能です。

このような誤発信を防ぐための方法をご紹介します。実際に海外では、iOS 11がリリースされてから誤発信が増えた、という事例もあるようです。

◆サイドボタン+音量長押し

サイドボタンとどちらかの音量ボタンを押し続けることによる緊急通報の発信をオフにすることができる

◆警告音だけOFF

◆ボタンを押さずに電源を切る

◆サイドボタン5回押しても緊急通報される

緊急SOSを使うとすばやく簡単に110や119などの緊急通報ができます。 


やり方はサイドボタン(スリープボタン/電源ボタンのことですね、画面を切る時に押すボタンです)をすばやく5回押す! 

これだけ! 


またはiPhone8/8Plusだけはサイドボタンと音量ボタン(+でも-でもどちらでもいい)を長押しすると起動します。 

スリープ5回押しの場合は簡単だけど誤発信しちゃう可能性ありますよね。 

緊急SOSの設定は歯車のマークでおなじみ設定アプリから確認できます。 

iOS11にアップデートすると緊急SOSの項目が新しく増えているはずです。 


この中の「自動通報」がオン(緑)になっているとスリープを5回押した後カウントダウンが始まり、110、119、118の緊急番号リストが現れます。 

◆まとめ

これで、誤ってサイドキーと音量ボタンを長押してしまった場合においても、自動的に通報されることはなく、通常の電源オフの画面が表示されるようになります。また、警告音が鳴り響くこともなくなります。

1 2