ゾッとする…いま増え続ける“スマホ時代のストーカー”

スマホが普及している、いま現在。位置情報などの便利なアプリ機能を利用して、ストーカー行為に及ぶ人が増えているよう…自身が犯罪に巻き込まれる前に、気をつけておいた方がいいことをまとめました。

更新日: 2018年07月25日

57 お気に入り 167368 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いま、スマホがらみの犯罪が増加中

子どもや友人、なくした電話を追跡するためにスマホのデータを収集するツールがここ何年かで増加し、その技術を悪用して許可なく人を監視しようとする人々にとっての選択肢も増えている

最新の学術研究によると、基本的な位置追跡からメールデータの収集、盗撮に至るまで、ストーカー予備軍にさまざまなツールを提供するアプリやサービスが200以上ある

防犯のために開発された遠隔監視アプリや盗難防止アプリが、逆に犯罪のために悪用される……そんな事件が相次いでいる

「設定」>「【ユーザ名】」>「iCloud」の順にタップするとオン/オフを切り替えられる。

「Find My iPhone(iPhoneを探す)」を使って妻の行動を支配していたとして起訴された。同アプリは一般的には悪意のない目的で利用されている

「iPhoneを探す」がオンになっているか否かは、設定アプリの一番上にあるアカウント名をタップして【iCloud】を開くと確認できます

身近な人からの被害も多くて

SNSに投稿した写真の位置情報は自動で対策されるが、それ以外でやりとりしたデータは情報漏れしていることも。

自宅で撮った写真に記録された位置情報から自宅が特定されるという事態も起きており、個人情報やプライバシー保護という観点で「位置情報の機能を知らずに使うこと」が問題になっています

自分がスマホで撮影した写真をメールやAirDrop、iCloudなどで誰かに送ると、送られてきた相手は、見ようと思えば写真の位置情報がわかってしまいます

被害に遭った女性は寝ている間にスマートフォンの指紋認証のロックを解除され、位置情報が分かるアプリを勝手にダウンロード

【過去の事例として】
交際していた女性のスマートフォンに位置情報が分かるアプリを勝手にインストールし、別れたあとも付きまとっていた

これらの対応策としては…

盗撮・盗聴に悪用される可能性のあるアプリは、浮気調査アプリなどと称して今も販売されている。なかにはおサイフケータイの残高までわかるものもある

この機会にぜひ、「不正なアプリが忍び込んでいないか」もチェックしておきましょう

「設定」>「【ユーザ名】」>「パスワードとセキュリティ」の順にタップすることで設定画面に。

2ファクタ認証を設定しておけば、もしお使いのApple IDに不正アクセスがあっても、「iPhoneを探す」のリモート消去でiPhoneのデータが遠隔消去されたり、そのほかのデータが盗み見されたりする恐れを減らせます

用途がはっきりしないアプリには、位置情報をあたえないのがベター。

(iPhoneの場合)ホーム画面から[設定]→[プライバシー]→[位置情報サービス]→[位置情報サービス]→カメラアプリから[許可しない]を選択。これで居場所が特定されずに済む

心配な場合は、使わなくなったスマホのデータ消去も視野に。。

機種変更をして使わなくなった古いスマホも、初期化してデータを消しておくことをオススメ

1