1. まとめトップ

メッシ&クリロナ時代の終焉も…今年のベストプレーヤーは誰?

「バロンドール」と「FIFA最優秀選手賞」の行方が気になりますね。

更新日: 2018年07月27日

2 お気に入り 1977 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートをまとめて作成しました。

manuronaldさん

■FIFAが「年間最優秀選手賞」の候補者10人を発表!

国際サッカー連盟(FIFA)は24日、今年の男子年間最優秀選手賞の候補となる10人のリストを発表した。

ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2018 の男子最優秀選手賞候補者10名‼️ pic.twitter.com/Qj7YRtIYjc

■その年のベストプレーヤーに与えられる2つの賞

FIFAに加盟する各国代表チームのキャプテンと監督、一般のファン、そして世界中のメディアの投票によって受賞者が決定される。

フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が1956年に創設した、年間最優秀選手に贈られる賞。

2010年からFIFA最優秀選手賞と統合されていたが、2016年をもってFIFAとの提携を解消し、同年より独自表彰が復活。

サッカー選手にとって最も名誉ある賞の1つで、同誌が選定した候補者の中から、サッカー記者の投票により受賞者が決定される。

■この10年間はロナウドとメッシが両賞を独占

2008年にクリスティアーノ・ロナウドが受賞して以降、10年間にわたってC・ロナウドとメッシが両賞を独占。

ともに5回受賞

まさに近年のサッカー界の縮図であり、2人と同じ時代に生まれたことが災難というレベルだった。

■ついにロナウド&メッシ時代の終焉か!?

C・ロナウドはレアル・マドリーでCL3連覇&得点王、メッシはバルセロナで優勝&リーガ得点王を獲得したものの、W杯では早期敗退。

決定方法の違いこそあるものの、W杯イヤーは大会での評価に比重が置かれる傾向が強く、受賞を逃す可能性は十分ある。

■有力候補に挙がっているのがこの選手たち

・優勝したフランス代表の3人

19歳ながらチーム最多の4得点を記録してフランス代表の優勝に貢献し、所属するPSGでは国内3冠を達成した。

W杯最優秀若手選手賞も受賞

ムバッペと同じく、チーム最多となる4得点で優勝に貢献したほか、アトレティコ・マドリ―では昨季EL優勝を果たしている。

25歳ながら安定感のある守備で優勝に大きく貢献し、過去20年で4人目の「同一シーズンにCLとW杯を制した選手」となった。

2006年のカンナバーロの例があるだけに、DFでも十分チャンスはある

・W杯準優勝もMVPを受賞

1 2