1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

何もしない旦那とついに別居の「上沼恵美子」に同情の声多数

家事などを一切しない旦那が嫌で別居したタレントの上沼恵美子さんに対し同情の声が多数上がっているようです。

更新日: 2018年07月27日

49 お気に入り 306355 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■関西を中心に活躍している「上沼恵美子」

上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年4月13日 - )は、日本のローカルタレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティである。

兵庫県三原郡福良町(現:南あわじ市福良乙)出身。上沼事務所所属。帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退。

関西ローカルをメインに活躍するのは決して彼女が東京嫌いというわけではなく、夫の上沼真平と芸能界復帰時に交わした約束(仕事をする範囲は東は京都・西は姫路まで)があるから

■旦那と別居状態にあることが分かった

タレントの上沼恵美子(63才)が、結婚41年目となる夫と別居状態にあることが明らかになった。

定年後11年経っても何も変わらない夫に対し「あんなにしないのはストレスになる」と、とうとう我慢の限界がきたようだ。

真平氏は、2008年に定年退職。とはいえ、家事をすることはなく、夫の世話に追われた上沼には相当なストレスがかかっていたようだ。

真平氏=旦那さんです。

夫は2008年の定年後でも、趣味に没頭して家事は一切やらなかったそうです。それが上沼のストレスとなり、徐々に蓄積。

真平さんはいわゆる“昭和のお父さん”で家事はすべて妻任せ。恵美子さんは忙しい日々を過ごしながらも、“本業は主婦”という思いで亭主関白な夫に尽くしていました

自身がMCを務めるトーク番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で今年3月に告白。亭主関白で、気ままに生きる夫へのストレスを、そのときも吐露していた。

夫の何気ない言動に対する不満がストレスとなって溜まり、妻の体や心にさまざまな症状を引き起こす病気のこと

更年期障害と違い、20代からでも発症する可能性があります。場合によっては別居や離婚といった問題に発展することもあります。

更年期症状に似た、以下の不定愁訴が現れるとされています。 ・うつ・不眠・めまい・動悸・頭痛 など

■以上、上沼さんの悩みに同情の声が多数寄せられている

上沼恵美子の別居原因にも…。夫への不満で壊れそうな“夫源病”の妻たち(女子SPA!) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018… やっぱり思いやりがない夫は最低

上沼恵美子さんの「旦那への愛がなくなって、旦那の好きな食材を探すこともなくなった」って気持ちわかるわぁ。

@kaigoyoncoma 上沼恵美子さんでも辛いなら私も辛くて当たり前だよなーって思いました。一緒に過ごす時間が長くなるうちに慣れるどころかストレスが蓄積されて余計におかしくなってくんです、変わらない旦那に妻が機転で合わせ続けるってそれおかしいって…

上沼さんの記事みて父と一緒なとこがあってわろた 体調悪くてごはん作ってなかったら怒りはしないけど 父もごはんの心配する(^_^;) 口では母に大丈夫か?って聞くけどいつも何もせん 口だけ優しいふりをしてるって思ってる

上沼恵美子、夫との関係悪化 「夫源病」で結婚41年目の別居(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018… その気持ち、分かるわ。。。

■これは男女共お互い様だが、相手の気持ちを考えることが大事かも

自分に与えられてきた愛情を惜しみなく妻に与えることができる、心の広さも必要だろう。そう。幸せな結婚をし、子孫を残す“勝ち組”になりたければ「カウンセリング」をおろそかにしない

日本の高齢男性の家事実施率は2.4%と極端に低い。どの国でも、男性は女性より低いが、日本の性差はあまりに大きすぎる。男女平等先進国のスウェーデンでは、その差はほとんどない。

共働きで女性も働くということは、男性も家事や育児を相応のシェアをしなければいけないということでもあります

1 2