1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

続き読みたい…1巻から話題になってる人気漫画家の最新作とは?

漫画好きなら見逃せないぞ…「東京レイヴンズ」に「それでも町は廻っている」,「エア・ギア」に「デンキ街の本屋さん」…名作を生み出した漫画家さんたちの新作が1巻から盛り上がりまくっている!気になる作品たちについてまとめてみました!!

更新日: 2018年07月27日

31 お気に入り 41536 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最初から心を掴みに来る作品…予想以上の面白さですね!

critical_phyさん

「東京レイヴンズ」の鈴見敦先生の新作…「放課後カグラヴァイブス」が大反響!

「東京レイヴンズ」の鈴見敦による新作「放課後カグラヴァイブス」1巻が、本日7月26日に発売された。

強面の高校生・號は広島に転校するのをきっかけにイメチェンを図ろうとするが、挨拶で失敗し転校先でもぼっちになってしまう。そんな中、ひょんな事からクラスメイトの五十鈴(いすず)に誘われて神楽部に入部することに…!?

放課後カグラヴァイブスっていう漫画がやっと自分が求めてた神楽が題材の漫画ですごく嬉しい

「それ町」の石黒正数先生の新作…「天国大魔境」が面白い!

丸子商店街に存在するメイド喫茶(カフェではない)「シーサイド」。まさに、天真爛漫! 女子高生にして名探偵に憧れる嵐山歩鳥は、地元丸子商店街のアイドル(?)兼お騒がせ娘。ありふれた町のちょっとおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられるドタバタ活劇!

初登場だと思われていた人物が以前にも背景の通行人として登場していたり、ちょっとしたアイテムや台詞が別の回で重要なキーとなっていたりと、遊びのある伏線的な要素が多く散りばめられている。

ギャグは今時のシュールなものではなく、TV的なボケツッコミが多いけど、テンポの良さとクルクル変わる表情で飽きさせない。1巻だけではそこまで凄いとは思わなかったけど、読むほどに、奇跡的なバランスのマンガだと思うようになりました。

美しい壁に囲まれた施設で暮らす子供たちと、壁の外の世界でサバイバル生活をするマルとキルコ、ふたつの世界を縦横無尽に行き来する冒険譚。

すべての演出が緻密に作り上げられた世界観の上に成り立っていて、ちょっとした風景描写、登場人物の言動のそこかしこに現れている様子です。もう全部が伏線に思えてきますし、石黒先生の作品であればそれらはきちんと回収されるはず。とにかく続きが楽しみです。

メッセージの期待度も作品の期待度もかなり高いこの作品、おそらくコミックスになるまでに非常にじれったい思いをすると思うのでアフタヌーンで毎月見よう!

こんな声も!

天国大魔境読まなくても好きって分かってたけど好きだ

クオリティが半端ない…「エア・ギア」の大暮維人先生が「化物語」を描いてる!

コンピュータ制御で4kWの出力が出せる超小型モーターを搭載した架空のインラインスケート、エア・トレック(A・T)を使ったハイスピードストリートアクション。

この作品の魅力はなんといってもSFとサブカルを、圧倒的な画力とセンスによって融合し描き上げていることにあると思います。

アニメは、テレビ東京系列6局で2006年4月から放送された。平成18年度(第30回)講談社漫画賞少年部門受賞。

6月15日に発売された『週刊少年マガジン』で連載中の『化物語』の単行本第1巻が、再び重版されることが17日、発表された。

アニメ化・ゲーム化など多数のメディアミックスを果たした西尾維新の代表作『化物語』を、『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!! 現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で!

原作は当然の如く面白かったです。嘗てアニメとして既にビジュアル化されていて面白かったのですが、こうして漫画として読むと、これはこれでやはり面白い。作画担当にも恵まれた幸せな漫画化だと思う。

そういえば大暮維人と西尾の化物語のコミック買ったんですけどほんとに濃厚で最高でした 大暮維人の女の子一生推せる

もう読んだ?「デンキ街の本屋さん」の水あさと先生の最新作「異世界デスゲームに転送されてつらい」とは!?

水あさとが描く、コミック専門書店で働く人たちの<本屋 de 青春>グラフィティ! デンキ街のディープで楽しい本屋の毎日。

マニアだったり、コアなファンだったりと濃い目のキャラ多し。新刊を並べたり、シュリンク掛けたり、女子力の低さに戦慄したり、エロ本大好き人間なのかと問い正したりと、真面目(?)に楽しく働きつつ、あだ名で呼び合う男子と女子の仲も急接近しちゃったり!?

1 2