1. まとめトップ

【Windows】タスクバーショートカットキーまとめ

意外と知られていない(?)Windowsのタスクバーのショートカットキーのまとめを作成しました。動作環境:Window10 Home

更新日: 2018年07月28日

0 お気に入り 12093 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yarou_さん

1. タスクバーとは?

デスクトップ画面の下段に配置されている帯状の領域です。
(設定によって配置を変えることも可能です)
タスクバーにはアプリケーションのショートカットを登録することが出来、
登録後のアイコンをクリックすることですぐにアプリケーションを起動することが出来ます。

2. タスクバーへの追加

よく使用するアプリケーションのショートカットをタスクバーへ追加することができます。

3. Windowsキー + T:タスクバーを巡回、Enterキーでアプリ起動

Windowsキー + T:タスクバーに移動

(移動後)Windowsキー + T:右に移動

(移動後)Windowsキー + Shift +T:左に移動

Enterキー:
フォーカスがあたったアプリケーションが起動

タスクバー上にフォーカスを移動し、各アプリを巡回選択します。Shiftキーを押すことで逆順に巡回可能です。Enterを押すと選択したアプリを開けます。

4. Windowsキー + 数値キー:タスクバーのアプリを起動

タスクバーの左から10個目までに登録されているアプリを起動することが可能です。

5. Windowsキー + Shift + 数値キー:タスクバーのアプリを新規で起動

アプリを既に起動している場合は4の方法では起動できない(既に起動済みのアプリの画面が表示される)

新規で起動したい場合は、Shiftも押そう

タスクバーの左から10個目までに登録されているアプリを新規で起動するショートカットキーです。起動対象アプリはShiftを押していない時と同様に左から順にキーボードのキーに対応したものとなります。

6. Windowsキー + Alt + 数値キー:タスクバーのアプリのジャンプリストを表示

タスクバーの左から10個目までに登録されているアプリのジャンプリストを表示します。起動対象アプリはAltを押していない時と同様に左から順にキーボードのキーに対応したものです。

1