1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

前例なき台風12号!「似ている…」と密かに話題の明治時代『足尾台風』とは

異例の進路を辿って27日午後に関東を直撃する予報の台風12号。過去に前例のない危険な台風と言われていますが、実は100年以上前の明治時代に、似た進路を辿った台風「足尾台風」というものがあったようです。その被害も凄まじい…

更新日: 2018年07月27日

10 お気に入り 89606 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

台風12号が迫ってきている

日本が未だかつて経験したことのないルートで、台風12号が迫ってきています。

台風12号は強い勢力を保ったまま、28日(土)の午後、関東に最も接近し、夜には東海から西日本に上陸する恐れがあります。

あす28日(土)、台風12号は伊豆諸島に接近し、29日にかけて東日本から西日本の太平洋側にかなり接近し上陸するおそれがあります。大雨・暴風・高波・高潮に警戒してください。

関東では、28日(土)の昼までに150ミリ、さらに29日(日)の昼にかけて300~500ミリと、記録的ともいえる大雨が予想されています。

週末の多くの夏のイベントも中止・延期に

7月28日(土)に予定されていた東京・隅田川花火大会は翌日に順延が決定されています。

2018年7月25日に発生した台風12号の影響により、各地でイベントの中止、順延が相次いでいる。

通常であればイベント当日に開催可否を判断する場合が多いですが、今回に関しては、隅田川花火大会をはじめとしたいくつかのイベントは台風12号の影響で前日のうちに中止や順延を決定しています。

ウェザーニュースの取材によると、その中で隅田川花火大会や立川まつり国営昭和記念公園花火大会をはじめとした、西・東日本の少なくとも32会場の中止が決定されています。(27日16時時点)

まさかとは思って重ねて見たらやっぱり小田和正型だったか・・・今週末フジロックの我々にとっては全然Oh!Yeah!じゃないけどな・・・! #フジロック #fujirock #小田和正 #台風 pic.twitter.com/MPCuGwaDGs

フジロックへの影響も心配です…。

台風12号、前例のない“特異なルート”

過去、北西に進んで、関東~北陸に抜けた台風はほとんどありません。過去の事例がないので、「何が起こるか想定しにくい」ということが言えます。今回の12号の恐ろしさです。

西寄りの異例のコースを進むため雨や風の強まる場所などが通常と異なり、これまでの経験が通用しない可能性があるとして、気象庁は土砂災害や川の増水などに警戒するとともに、最新の気象情報を確認し、早めの避難を心がけるよう呼びかけています。

「このコース、やばいかも?」とツイートしたが、その理由は、関東地方が進行方向右側の「危険半径」に当たり、風向が「南東」となること!海からの湿った南東風が上陸するとき積乱雲を発達させ、山にぶつかってさらに積乱雲を発達させ……で、山でとんでもない雨量になる恐れがある。 #台風12号 pic.twitter.com/a5XtBtIifG

西日本豪雨災害も、実は台風7号にもたらされた雨だと思っているのだが、今回は、もしかしたら、場所によってはそれ以上の雨になる恐れがある。加えて、風が強い。これは雨だけだった西日本豪雨の時にはなかったことだ。今回は、風、高潮、さまざまな災害が起こる可能性がある。

多くの自治体の防災アドバイザーも務めている東京大学大学院・客員教授の松尾一郎氏のコメント。

静かに話題、異例の台風・1902年『足尾台風』

今回の台風の進路は前例がほぼ無いに等しく、似た進路の例はまだ台風という言葉が無い時代で、古すぎて詳細な記録に乏しいという1902年の足尾台風ぐらいらしい

足尾台風(あしおたいふう)は、1902年(明治35年)9月28日に千葉県から新潟県、北海道北部を通過し、主に関東地方から東北地方南部にかけて被害をもたらした台風である。

1902年(明治35年)、足尾台風は9月28日、朝、神奈川県横須賀市上陸し、東京の北側を通り、その後栃木県足尾付近を通過し、東北へ進み日本海へ抜けていきました。

1902年(明治35年)に被害をもたらした台風。

あまりに古い話で天気図もない時代……
気象の専門家でも、この台風を知らない方が少なくありません。

足尾台風は小さい台風でしたが、被害は大きく神奈川県、栃木県、茨城県など関東全域に大きな被害をもたらせたそうです。

尚、この足尾台風は豆台風に区分される小さなものであったにも関わらず「空前にして絶後であって欲しい、形容詞のつけようのないくらいの猛烈な台風」だったそうな。 まぁ、同時にもう一つの台風が発生しており、相互に作用しあう藤原効果が存在した事や、災害への備えに乏しい時代という事もあるが…

『足尾台風』の被害

死者・行方不明者219名、家屋の全壊・流失約8,200戸、足尾で315ミリの雨量を記録した。

大谷川では水源部で崩壊が多発し、神橋、大谷橋、人家100余戸を流出。死者156、行方不明63、負傷280、家屋全壊8217、半壊389 に至りました。

1 2