1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

極力、最新のニュースからの抜粋にこだわりました。詳しい情報は気象庁のサイトから随時確認するようにしてください

■台風12号は、28日から29日にかけて、東海地方から近畿地方に上陸する恐れがある

強い勢力の台風12号は八丈島の東海上を北北西に進んでいます。この後は西寄りに向きを変え、暴風域を伴ったまま、深夜に東海地方に上陸する予想。その後、勢力を弱めながら西日本を縦断するとみています。東・西日本では暴風や大雨、高波、高潮に警戒が必要です。 pic.twitter.com/jxz8Rx6zvG

強い台風12号は、28日夜から29日未明にかけて、東海から近畿南部に上陸するおそれがあり、厳重な警戒が必要だ。

県内には29日夕方から夜にかけて最接近すると予想される。大分地方気象台によると、本州から西に向かう経路は極めて異例。

大雨による浸水や土砂災害、河川の増水、暴風に警戒し、早めに防災対策を取るよう促している。

■最大瞬間風速は55メートルと、非常に勢力の強い台風となっている

気象庁の発表によりますと、強い台風12号は、午前9時には伊豆諸島の八丈島の東南東330キロの海上を1時間に40キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。

中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。

半径130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側390キロ以内と西側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

■今回被災した西日本にも強烈な大雨が降る予報のため、厳重注意をお願いしたい

今回の台風は、比較的コンパクトながらも強い勢力を維持している事が特徴です。このため、台風が接近すると急激に雨や風が強まるため、早め早めの対策が必要です。

東日本と西日本では29日にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、特に関東甲信や伊豆諸島、東海では局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

そして、29日は西日本豪雨の被災地で大雨が予想されます。二次災害に厳重に警戒して下さい。

↓詳しい予報雨量はこちらを参考に

28日12時までの24時間に予想される雨量

 ・伊豆諸島            200ミリ
 ・関東地方、東海地方       150ミリ
 ・甲信地方            130ミリ
 ・四国地方            100ミリ

29日12時までの24時間に予想される雨量
 ・関東甲信地方      300から500ミリ
 ・東海地方        300から400ミリ
 ・近畿地方、中国地方 200から300ミリ
 ・四国地方        100から200ミリ
 ・九州北部地方      100から150ミリ

■また、太平洋側では、海上を中心に猛烈な風が吹く恐れがあります

台風の接近に伴って、急激に風が強まることにも警戒が必要です。東日本と西日本の太平洋側では、海上を中心に猛烈な風が吹くおそれがあります。

暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒。また、年間でも潮位が高い時期となっており、高潮に注意・警戒が必要となる。

■台風通過後も安心してはいけません

ただ、台風が残した湿った暑い空気が東日本や西日本一帯に残り、大気の状態は広い範囲で不安定となりそうです。

台風の進路によっては、遅延や欠航などの影響が長引く可能性もありますので、こまめに情報をチェックするようにして下さい。

台風12号の進路凄いことになってるな。どうりで全然雨降らなかったわけだ…

台風12号。変な経路だな。またそのあと東に動いたりしないだろうな。 tenki.jp/bousai/typhoon…

1 2