1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

■アメリカの非営利団体が、プラ製銃の銃を製造する方法を来月1日からネット上で公開することを発表

団体では、以前も製造方法をインターネット上で公開していましたが、アメリカ政府が差し止めを命じ、その是非が裁判で争われてきました。

米南部テキサス州の非営利団体が来月1日から3Dプリンターを使ってプラスチック製の銃を製造する方法をインターネットで公開することを発表した。

■このプラ製の銃は、金属探知機に反応しないため、テロなどに利用される可能性も出てくる

先月、芸術祭の会場で20人以上が重軽傷を負う銃乱射事件が起きた東部ニュージャージー州の司法長官は26日、

「住民の安全を脅かす」として公開に反対する書簡を団体に送り、公開すれば法的手段を取ると伝えた。

3Dプリンターでつくった銃は殺傷力があるが金属探知機にも反応せず、製造番号で管理や身元調査などもできないことから懸念の声が上がっている。

●3Ⅾプリンターを持っていれば、日本でも製造が可能なため、非難の声が多く出ている

これは国内にも設計データが流出して作り出す人が出そうだね。いつか国内の犯罪に使われそう。 3Dプリンター:プラスチック銃の製造法公開へ 米NPO mainichi.jp/articles/20180… #スマートニュース

技術的に可能なことを規制するのは無理だよね。 武器を手軽に製造できる時代だから、日本でも格差社会で下層に行って固定化された若者たちが組織化して、イスラム国やボコ・ハラムのようになるかも。 “3Dプリンターで銃製造” ネットで方法公開へ 米で論議 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

これ、ゴルゴ13案件になるんじゃないの?日本が一番大変なことになりそう。 <3Dプリンター>プラスチック銃の製造法公開へ 米NPO(毎日新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-… @YahooNewsTopics >3Dプリンターを使ってプラスチック製の銃を製造する方法をインターネットで公開

@YahooNewsTopics 流石に意味が分からない。 なんのために? ただの犯罪の助長では

“銃を3Dプリンターで” ネットで製造方法公開へ 米で論議 www3.nhk.or.jp/news/html/2018… 「先月、裁判で和解が成立したことを受けて団体が再び公開を決めたため、殺傷能力のあるプラスチック製の拳銃を誰もが簡単に作れるとして論議を呼んでいます」 いやいやいや困るって!!外交問題なるって!!

え、プラスチック製の銃の作り方なんて出回ったら日本も斬りつけとかだけじゃ済まなくなるんじゃ

■プラスチック製の銃が初めて製造されたのが、2013年5月

米テキサス州の非営利団体が『3Dプリンター』を用いて、実弾が撃てる銃の製造に成功したと発表。

銃身や薬室を含むすべてを3Dプリンタで出力、機械されあればどこでも誰でも拳銃を生産できるようになりました。

この銃の名前は「the Liberator(解放者)」。16ある部品のうち15個が3Dプリントで作製されたプラスチック製で、撃針と呼ばれるピン状の部品だけが金属製となっています。

■その後すぐに公開され、議論の的となっていた

3Dプリンターで部品を「印刷」してプラスチック製の拳銃を組み立てられる無料ダウンロード用のファイルがネット上で公開

このファイルは米テキサス大学の法学生コディ・ウィルソンさん(25)がCADを用いて作成したもので、単発式の小型拳銃「リベレーター」を製作することができる。

1 2