1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

殺傷事件を受け‥「新幹線全車両に警備員を配置」に様々な声

殺傷事件を受け‥「新幹線全車両に警備員を配置」に様々な声が上がっている

更新日: 2018年10月16日

18 お気に入り 46735 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をお届けします。

tatsubo1208さん

新幹線車内で男が暴れ、乗客らに切りつけた事件

神奈川県の新横浜駅―小田原駅間を走行していた東海道新幹線東京発新大阪行き「のぞみ265号」の車内で、ナタを持った男が暴れ、乗り合わせた乗客らに切りつけた。

刺された1人で意識不明の重体だった男性は間もなく死亡し、他の女性2人のけがの状態は軽傷。

容疑者の男は、無抵抗の男性にまたがり執ように何度も切りつけていたことがわかった。

今、再発防止策や安全対策強化に対する取り組みが行われている

東海道新幹線で起きた3人殺傷事件をうけ、再発防止策や安全対策強化に関心が高まっている。

空港で実施されているような手荷物検査の導入を求める声もあるが、利便性を損なうことから否定的な見方が強い。

専門家の中には、新幹線車両に警備員を配置することを提案する人もおり、ネット上で賛否の声が出ている。

手荷物検査の導入には否定的な意見も・・

走行中の東海道新幹線車内で2018年6月9日、刃物を持った男に襲われて男性1人が死亡、女性2人がけがを負った。

各メディア(ネット版)が、「JR、手荷物検査は『困難』~(略)」(朝日新聞、11日)、「利便性優先、検査難しく」(毎日新聞、12日)などと報じている。

手荷物検査に関して

空港で実施されているような手荷物検査の導入を求める声もあるが、利便性を損なうことから否定的な見方が強い現状を伝えている。

手荷物検査の導入が難しければ、新幹線車両に乗る警備員を「増やすしかない」と主張する専門家もいる。

現状では、警備員がすべての編成(たとえば東海道新幹線は1編成16両)に乗っているわけではないとして、

すべての編成で「各車両に1人、せめて3両に1人」の警備員を配置すれば、「10分に1回程度は巡回できる」と提案した。

これに対する賛成数が多かったみたい

実施するにあたってコスト面は大丈夫なのか

新幹線の全編成に何人かの警備員を配置することは、コスト面で現実的なのか。

ツイッターで、「運賃約30円増で、2両に1人の警備員が実現可能」とする内容を文字や絵で伝えるテレビ画面らしき画像を紹介する人もいた。

新幹線で起きた無差別殺人、テロですよね。被害者女性をかばってお亡くなりになった男性の御冥福をお祈りします。 運賃を30円値上げするだけで、新幹線に警備員を配置できるとか。これはぜひ早急に実現してほしいと思います。国会はモリカケよりも、犯罪対策、法改正等を議論してほしいです。 pic.twitter.com/t7nQY9Zaqf

これに対し、ネットでは様々な声が上がっている

@kokotama01 @toshio_tamogami 新幹線運賃30円値上げするだけで、2両に1名の警備員を配置できるのだそうです。これくらいの費用負担ならすぐに進めてほしい。

30円値上げして新幹線に警備員を配置するというなら、ぜひしていただきたいし、そういう値上げは歓迎します。

新幹線運賃30円上げれば警備員が雇えるらしい。心強いな〜 でも先に導入すべきは手荷物検査じゃないのかな〜 と思ったりね。

一方でこんな意見も

1 2