1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

みんなが通う『昔からあるパン屋さん』が間違いなさそう!

子供も頃から慣れ親しんだ味はどんなものより美味しかったりします

更新日: 2018年07月30日

52 お気に入り 39526 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

子供も頃から慣れ親しんだ味はどんなものより美味しかったりします

jetwskyさん

■『友永パン屋』■

レトロな外観が”タダモノではない感”を漂わせています。
それもそのはず、「友永パン屋」の創業は大正5年。100年前から営業しているんです!

友永パン屋@別府(大分県別府市千代町) 『こしあんぱん(90円)/つぶあんぱん(100円)/クリームパン(90円)/バターフランス(110円)/チョコフランス(110円)』 1916年に創業した大分県最古のパン屋。地元民に愛され続けて100年以上の本物レトロ。5点で500円。 pic.twitter.com/EXXjv603FW

友永パン屋も美味しくてびっくりしたけど、オニパンもすげえ!パンじゃないみたい。餅?この粘り!!噛めば噛むほど小麦の味がすごい!本店は湯布院、別府駅前に支店があります pic.twitter.com/Op1GWXZlq3

今日はあんぱん食べる。 【大正5年創業】行列のできる「友永パン屋」のおすすめパン bepple-beppu.com/tomonaga-bread

大分別府で小腹がすいたら友永パン屋へ。創業大正5年という歴史あるパン屋さんは、昔ながらの風格。名物のアンパンや、ワンちゃんパン(クリームパン)がオススメですって。 pic.twitter.com/qeWDyWZoYT

■『まるき製パン所』■

創業69年を迎える「まるき製パン所」の名物はコッペパンサンド。所せましとカウンターに並ぶパンは、飛ぶように売れるので、いつもできたて。
京都人のソウルフードともいえるパンを求めて、地元の人や観光客が次から次へと店を訪れます。

お昼ご飯には、まるき製パン所で大好物のエビカツとカレーパンを買ってきました。ここはちょっと遠いから、たまたま通り道に近いなと思ったら必ず立ち寄るパン屋です。 pic.twitter.com/JP6MB9QaVb

今日の朝食は京都で昔から行きたかったパン屋のロールパン。 ハムカツもフィッシュもオムレツもどれも美味しかった♪ まるき製パン所、行って良かった! pic.twitter.com/v591YxgZBp

京都はまじのまじでパン天国なんですよね… ・志津屋 ・まるき製パン所 ・ゲベッケン などなど どれもこれも京都行ったら寄っとくべきですぞ ⇒京都のパン屋さんは日本一レベルが高いと思う…!京都民が贔屓にしているご当地パン食べ歩きまとめ r.gnavi.co.jp/g-interview/en… pic.twitter.com/5yingBwGpy

■『ササキパン』■

大正10年、「金龍堂」の名で創業。当時『あんパン』を1個5銭で販売。

昔懐かしい味を大切に代々受け継いでおります。

朝ごはんは、大好きなササキパン本店のメロンパン アーモンド型で、中には白のこしあんが入っています‍♀️ 本当に子供の頃から食べてたから、メロンパンはこういうものやと思ってました…全然違う笑 大手筋商店街は、学校帰りによく友達と寄り道していた場所。 #渡辺彩季2018年誕生日 pic.twitter.com/utQuVkD8nW

少なくとも、私の次の京都ツアーのオヤツは、ササキパンと決めておる。 と書くと、夜想がササキパンに埋もれかねないのだが。しかし、夜想界隈は何故にこんなササキパンフリークスばかりなのかは、謎である。

■『コティベーカリー』■

シベリアファンで知らない者はいない「コテイベーカリー」。1916年(大正5年)創業、100年間の歴史を持つこのパン屋さんのシベリアは、これまで様々なメディアで紹介されてきた。

シベリアで名高い、桜木町のコティベーカリー。シベリアという名前の由来は、諸説あります。 pic.twitter.com/FEV52xhSu8

ポケ活ついでに 野毛のコティベーカリーで、名物のシベリアをかってきますた。 #ポケモンGO #PokémonGO #シベリア pic.twitter.com/7LfL5NL87H

1 2