1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

マレーバクの生態をまとめました。国内でマレーバクのいる動物園の一覧も。

flutiesanさん

マレーバクとは

マレーバクは、哺乳綱ウマ目(奇蹄目)バク科バク属に分類される奇蹄類。
生息地域ははミャンマー南部、タイ南西部、マレー半島およびスマトラ島。現存するバク4種のうち唯一アジアに生息しています。

マレーバクの特徴

お腹のあたりで別れた白黒のツートンカラーが特徴。
マレーバクはバクの仲間の中で最も大きく、体長は大人のマレーバクで約2.2メートルから2.5メートル、体重は約250キロから350キロにもなります。
鼻は上唇と鼻が一緒になって合わさったもので自由に動きます。
泳ぎが得意でジャガーなど外敵に襲われた際には水の中に逃げます。

マレーバクを飼育している動物園

群馬サファリパーク
東武動物公園
多摩動物公園
千葉市動物公園
よこはま動物園ズーラシア
日本平動物園
東山動植物園
アドベンチャーワールド
安佐動物公園
とべ動物園
福岡市動物園
長崎バイオパーク

全国12の動物園でマレーバクの展示がされています。
※横浜市繁殖センターでもマレーバクの飼育されていますが一般公開はされていません。

1