1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

まさかの丸刈りも!?若手女優さんたちの役作りがすごすぎる…

山谷花純さんがまさかの人生初の丸刈りに…大反響を呼んでいます!ほかにも福本莉子さん,知英さん,そして板野友美さんも…新境地の難役に挑む女優さんの役作りがすごい!!驚きながらまとめてみました。

更新日: 2018年07月29日

13 お気に入り 84285 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

凄まじいまでの気迫…演技を見逃すわけにはいきませんね!

critical_phyさん

衝撃的すぎるぞ…山谷花純さんが「コード・ブルー」のために丸刈りに!

「ファーストクラス」(2014年、フジテレビ系)の“コケティッシュサタン”こと佐丹野結衣役や、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」(2015-16年、テレビ朝日系)の百地霞/モモニンジャー役などで人気を博してきた女優・山谷花純が、7月27日に公式SNSを更新。

ゲスト出演する映画「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」への思いをつづるとともに、同作のために剃ったという丸刈り頭姿をアップし、「カッコイイ!」「カツラじゃなかったんだ…」と注目を集めている。

「10年前、私がこの仕事を始めた年にスタートした作品。10年という節目や自分の人生を考えて。このオーディションに落ちたらこの仕事を辞めると決めて受けた作品と役でした」

意外なところにヒントが…福本莉子さんが「センセイ君主」のために準備したこととは?

2016年に第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを獲得し、昨年写真集「はじめての恋人」を発売した際には透明感あふれる“美少女”と注目を浴びた福本莉子。

2018年4月12日スタートのテレビアニメ『ひそねとまそたん』(BSフジなど)の主題歌「少女はあの空を渡る」で歌手デビュー。

中学生時代はサッカー部でプレー。「体で当たって、力ずくでボールを奪いにいった」という負けず嫌いのシンデレラ。将来の夢は「映画祭で賞をいただける女優」。大きな夢に向かって突き進む。

出演最新作『センセイ君主』は、高校教師・弘光由貴(竹内涼真)と、ヒロインの女子高生・佐丸あゆは(浜辺美波)の恋模様を描いたラブコメディー。あゆはのクラスメイト・夏穂役を務めた福本。

女子力の高さが武器の高校生役。「サバサバしてる私と全然違う女子。周りにもそういう子がいないので、夜な夜なインターネットで“モテテクニック”と検索して演技に生かしました」と工夫して役作りした。

原作には登場していない役柄ですが、みなさんに魅力をお伝えできるよう、全力で挑戦させて頂きました!たくさん笑えて、胸キュンして楽しめる作品になっていると思うので是非見て頂きたいです!

福本莉子ちゃん演技がとてもお上手だし何よりものすごーーーーーーく可愛いので心が洗われた。。。 #魔女の宅急便

すでに注目を集めまくっている!

実は今年でデビュー10周年…知英さんが「私の人生なのに」で難役に挑んでいる!

韓国のガールズグループ「KARA」の元メンバー。2008年に同グループに加入し、「ジヨン」の名義で活動をスタート。韓国国内で絶大な人気を誇るようになり、10年に日本進出、K-POPブームの中心的存在として注目を集める。

2016年、自身も出演するドラマ『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』で主題歌とオープニングテーマを担当、「JY」名義で歌手活動を再開。同年9月、ミュージカル『スウィート・チャリティ』で舞台初主演。

病で半身不随になった新体操のスター選手が、音楽と出合ったことで希望を取り戻し、人生の新しいステージへと進んでいく姿が描かれる。知英は、車椅子生活を余儀なくされたヒロイン・金城瑞穂を熱演。

ダンスで鍛えた身体能力をいかしながら、新体操のリボンの練習を重ねてこの役に挑んだ。また、車椅子で生活する女性の役でもあるため、日常生活でも車椅子を何ヵ月も利用し、自身の生活の一部にしながら役作りを続け、撮影に臨んだ。

新体操、車椅子、ギターを弾きながらの歌唱と、様々な準備を重ねて撮影に挑んだ知英。すべてを完璧にこなしていることに驚きを覚えると同時に、そのひたむきさがそのまま彼女が演じる瑞穂像と重なり、観る者の感情を揺さぶります。

思い通りにならない人生に向き合う自分の視点、苦しみとそこから立ち直ろうとする子を見る親の視点、それを投影させるほど引き込む演技をする知英に「もう本当に役者なんだね…」という喜びとも寂しさとも言えるファンの視点…色々重なって何度も泣きそうになってしまった…。 #私の人生なのに

もうアイドル演技ではないんです…板野友美さんが最新作で見せる演技は要チェック!

茶髪に鋭いまなざし、口角の上がった笑顔。AKB48で「神7」(初期AKB48で不動の人気を誇った上位七人)の一角を担った板野友美。

AKB48初期メンバーの一人であり、「チャンスの順番」「上からマリコ」以外の全てのシングル表題曲に参加した中心的な存在で、主力メンバーの一人だった。

2011年1月にはソロシングル『Dear J』をリリース。オリコン週間シングルランキングで発売初週で約16万枚を売り上げる快挙を達成しました。

1 2