業界に革命を起こした「人が辞めない」神企業

飲食やタクシーなど「人手不足」が声高に叫ばれる業界がありますが、その中で異彩を放つ企業があります。今回は「BEAMS」「矢場とん」「長野 中央タクシー」という3つの企業のヒミツに迫りました。

更新日: 2018年08月01日

151 お気に入り 131049 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

離職率45%と言われる「アパレル」で

トミカとBEAMS、初のコラボレーション! bddy.me/2IWBlqE pic.twitter.com/ZfXnprcwC6

それが、全国でセレクトショップを展開する「BEAMS」。

ビームスの離職率は、少なくとも6年前からずっと3%台で推移している。この基調は十数年変わっていない

女性社員の24%がママ社員です。もともとママ社員が働きやすくなる制度作りには力を入れている

フレックスタイム制で15分単位で働け、4時間、5時間、7時間などと自由に時間を設定できる

一度の失敗で終わり、ではありません。失敗しても、3回まではやらせます。そうした”挑戦させる風土”が、ビームスにはある

「『先輩から経験を学び、後輩から感性を学ぶ』。当たり前ですが上から学ぶことが多い一方で、僕らも下から学ぶことはあるから、とにかくよく話す」

と語るのは、コミュニケーションディレクター土井地博氏。

社長の設楽(洋)も「努力は夢中に勝てない」とよく言っています。どんなことでもいいのですが、のめり込んだ経験のある人

学歴や成績は関係ないとも。

他にも、業界に革命を起こした企業が

(他にも…)社員の日常を知るための日報制度、飲食店にはめずらしい、月に1回の月次面談

このように、密な関係を築くことを重視。

「僕自身、スタッフみんなに言うのは、会社のために働いているスタッフなんて1人もいないぞと。会社のために仕事をする必要はない」

語るのは、社長の鈴木拓将氏。

時間外手当についてはしっかり計算し、新店舗オープンなどで仕事が集中すると手取りが2倍になる従業員も

驚異の「離職率1.5%」タクシー会社

最も重要なのは、社内の人間関係を良好に保つことである。人間関係がよければ、社風も明るくなり、それがお客さまに対する態度にも表れる

朝礼ではジャンケンしたりハイタッチしたり、とにかく笑顔が絶えない

1 2