1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

■働いている人は、なんとか仕事を効率よく終わらせたいと思いますよね

20時までに帰ろうと思ってたのに20時半過ぎたー もっと効率よく仕事したい

効率よくパパっと仕事終わらせて 何ならほかの人を助けるくらいの余裕を持って仕事がしたいね。

■そのためには、『手抜き』をすることがいいんです

しかし、ここでいう「手抜き」とは、「サボる」ということではなく、「効率化」するということです。

■そもそも、完璧に仕事をこなせる人はいない

仕事が終わらない、余裕がない、目標に届かないと悩む人は『完璧』を目指しています。

完璧を追求し、「妥協せずにどこまでもがんばった」という事実を保っていないと、不安になってしまうということです。

■そして、完璧を目指すがゆえに、オーバーワークとなってしまう

人が持つエネルギーと時間は有限である。そのため、全ての仕事を完璧に行おうとするとパンクしてしまうことも。

たとえば、資料を見栄え良く仕上げるために手間をかけたりすることは、時間の浪費になってしまう。

全ての人間は元来「不完全」です。寝ないで働ける人はいませんし、うっかりミスは誰にでもあります。あなたの心に「完璧な人などいない」と言い聞かせてください。

■効率よく仕事をしている人は、最低限のことをこなします

何事においても必要最低限のラインを把握している適当な人は、仕事やプライベートにおいても無茶はしません。

求められるギリギリのラインで終わらせ、それ以上の無駄を省いているのです。 さじ加減ともいうべき適当さを把握することで、疲れすぎない生き方を実現しています。

■また、自分では時間がかかる仕事やなどを、他の人に任せています

優秀な人、仕事がデキる人というのは自分がやると時間がかかる仕事をどんどんチームメンバーや後輩など他の人に任せていきます。

企画書をつくらせたら右に出る者はいない。短時間で正確な見積書をつくることができる。クレーム処理のスキルはピカイチ。そういった個別の業務のエキスパートはいるものです。

また、優先度や重要度の低い仕事は出来る限り他人に任せ効率よく仕事をこなすことも大切なスキルの一つです。

■仕事に慣れている人は、隠れたルーティンワークを作っている場合も

1 2