何事においても必要最低限のラインを把握している適当な人は、仕事やプライベートにおいても無茶はしません。

出典実は2種類いる「適当な人」の特徴とそれぞれに合った仕事術 | キャリアパーク[転職]

前へ 次へ