求められるギリギリのラインで終わらせ、それ以上の無駄を省いているのです。 さじ加減ともいうべき適当さを把握することで、疲れすぎない生き方を実現しています。

出典https://careerpark.jp/88037

前へ 次へ