1. まとめトップ

草津温泉のリゾートマンションが投げ売りで悲惨な事になってたwww

草津温泉の周辺のリゾートマンションは、100万円以下で投げ売りされていますが、維持・管理費が高額なので誰も買い手がいない状況です。保有者の高齢化も進んで、大変な状況になっています。

更新日: 2018年08月22日

1 お気に入り 4751 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆1980年代に数多く建てられた

バブル崩壊後、乱立したリゾートマンションの多くが売りに出されましたが、需要が激減したため買い手がつかず、一気に値崩れを起こしてしまったのです。

1980年代後半から1990年代初頭のバブル期には、「総合保養地域整備法(通称「リゾート法」)」が整備されたのとスキーブームが到来したことで、リゾートマンションの建設に拍車がかかり、スキー場が集中する新潟県湯沢町周辺でリゾートマンションの建設ラッシュ

◆草津温泉で50万円のリゾートマンション

格安の物件を投資目的で購入しようとしても、思わぬ落とし穴に嵌り、目論見とは逆に大損してしまうことも少なくありません。

100万円以下のリゾートマンションは、不動産会社の手数料を確保するために価格が付けられていますが、実質的にタダで売り出しているのと同じです。

◆取り残されるリゾートマンション

リゾートマンションは分譲型マンションとして売却されたため、デベロッパーがリゾート施設から手を引いても、リゾートマンションそのものは存続し、今もなお多くのリゾートマンションがとり残された状態

◆高すぎる維持・管理費

市役所が近くにありますが、月額の管理費11,700円、修繕積立費6,420円、暖房費8,229円、アゴラクラブ会費15,585円、給湯基本料2,263円、上下水道基本料1,404円という形で、合計すると45601円の『基本使用料金』が毎月かかってくる

◆ホテル宿泊の方が安い

草津温泉のリゾートマンションを購入するぐらいならば、たまに草津に遊びに来て近隣のホテルに宿泊した方が良いと考える人が多い事でしょう。

◆参考リンク

1