1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●連日の猛暑で、熱中症による救急搬送者が相次いでいる

総務省消防庁によりますと、16日から22日の7日間に熱中症とみられる症状で救急搬送された人は全国で2万2647人に上りました。

東京都でも青梅市で40.8℃と観測史上初の40℃超えを記録した。高齢者を中心に熱中症による死者が相次ぎ、気象庁は猛暑を命に危険を及ぼす「災害」との認識を示す異常事態

●そんな中「ヘルパンギーナ」が大幅に増加している?

ヘルパンギーナが流行しているのか......猛暑の所為でエンテロウィルスが増殖してるのかな......

今年も手足口とヘルパンギーナの季節がやってきたな…二度となりたくない…

患者急増「ヘルパンギーナ」予防とケアは?(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?… うちの子もなったから小さい子いる家庭の人は気を付けて!

●そもそも「ヘルパンギーナ」とは?

【大人も注意】患者が急増する「ヘルパンギーナ」とは news.livedoor.com/article/detail… 突然39~40℃くらいの高熱が出て、口内に水疱ができ痛くて食べられない状態となる。予防としては日頃のうがいや手洗いが重要だそう。 pic.twitter.com/vQss2TBDjs

ヘルパンギーナは、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性咽頭炎です。

その大多数はエンテロウイルス属に属するウイルスに起因し、主にコクサッキーウイルスA群である場合が多いが、

コクサッキーウイルスB群やエコーウイルスで発症する場合もある。

・「ヘルパンギーナ」の主な症状

38~40℃の高熱が2~4日間程度続くとともに、口の中(特に奥の上側の部分)に水疱ができ、痛みを伴います。

また、全身倦怠感、食欲不振、のどの痛み、嘔吐などを伴う場合があります。基本的には軽症ですが、まれに髄膜炎や急性心筋炎を併発する場合があります。

・潜伏期間や流行時期は?

症状は2~3日ほど続き、重症化すると無菌性髄膜炎や脳炎を合併することもあるそうです。

1 2