1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

女性にとって紫外線は天敵。夏になると日差しが強くなるので、特に気になるところですね。ここでは、紫外線を効果的に防ぐ日焼け止めについて調べました。

toyosakisakiさん

紫外線とお肌の影響

紫外線というのは太陽光線の一つ、一番波長の短い目に見えない光線です。
他には、同じく目に見えない赤外線、私たちが見ている可視光線があります。

そして、紫外線には3つの種類があります。
波長の短い方から順に UVC 、UVB 、UVA それぞれ C波、B波、A波と呼ばれます。

最も有毒性の強い UVC は地表から20㎞上空のオゾン層で吸収され、地表には届きません。
届くのは UVB と UVA になります。

「UVB」は地表へ届くのは一部ですが威力が強く、皮膚の炎症、皮膚がんの他、角膜炎や白内障など眼病の原因にもなります。

「UVA」は B波ほど強くはありませんが、皮膚の奥深くまで到達し、長時間浴びると健康にも影響します。

また、UVA がシミやしわ、たるみといった老化の原因になります。

「光老化」とも言われ、紫外線によるダメージの蓄積が年齢とともに様々な老化現象を引き起こすのです。

肌への紫外線の影響力は恐ろしいものがあります。

日焼け止めの種類

必要な量がしっかり塗りやすい「クリーム」「乳液」「ローション」タイプがおすすめ。また、化粧品に慣れていない男性には、しっかり塗れて軽いつけ心地のジェルタイプがぴったりです。塗りやすく、比較的持ちもいいため、日常的に使用するメインの日焼け止めとして使うといいでしょう。

特にクリームや乳液タイプは保湿効果(セラミド・ヒアルロン酸など)に優れている商品も多いので、乾燥肌の方はこれらのタイプを選ぶと尚良いでしょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶときは、メーカー推奨の使用部位を確認しましょう。

顔とからだの皮膚は、薄さや皮脂腺の数が異なるため、多くの化粧品メーカーでは、「顔用」「からだ用」というように、おすすめの使用部位が定められています。

もちろん、たとえば「顔用」と表記された日焼け止めをからだに使用しても問題はありません。ですが、まずは日焼け止めのパッケージで「顔用」なのか「からだ用」なのかを確認することをおすすめします。

部位に合った日焼け止めを使ったほうがいいということですね。

SPFの意味

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。この数値の意味ですが、50だと50時間効いて30だと30時間効くという意味ではありません。紫外線が当りだしてから日焼けしてしまう(=紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、人によって個人差がありますがだいたい15分~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…という意味です。

SPFは紫外線を完全に防ぐのではなく日焼けを遅らせるという効果があるんですね。

PAの意味

PAとはProtection Grade of UV-Aの略。
日本化粧品工業会が厳密に定めたUV-A(A紫外線)を防ぐ効果を表しています。表示できる「+」の数が「PA+++」から「PA++++」に増えたのは、研究によりUV-Aの有害性が明らかになり、UV-Aをよりしっかり防ぎたいというニーズが高まったためです。

PAが紫外線を防ぐ成分なんですね。

シーンに合わせた使い方

「SPF」や「PA」が強い方が良い、効果的と考える方は多いかもしれません。実際には生活スタイルに合った使い分けが重要です。「日焼け止め」には、様々な製品があります。SPF値が高い方が良いと考えて選ばれる方は多いのですが、洗い落とし(洗い残し)から、皮膚炎など肌トラブルの原因につながることもあります。
強ければ良いわけではなく、生活シーンに合った使い分けが重要です。

強ければいいという訳ではなく、使い分けが重要なんですね。

日焼け止めに明記されているSPF、PAの値は、定められた量をしっかり塗った場合に効果が得られる値です。基本的には、1㎠当たり2mg程度塗るのが良いとされています。しっかりと効果を得るために、パッケージに書かれた使用量や使用方法をきちんと守りましょう。 そして2~3時間おきに、こまめに塗り直しをすることも忘れないでくださいね。

定期的に塗り直すことは忘れずに

日焼け止めを塗り直すタイミングは?

日焼け止めの効果が持続する時間は、その製品によって異なりますので、製品に合わせて塗り直すのが理想的です。



一般的には、2時間から3時間程度で効果が薄れるといわれていますので、できればそのくらいの頻度で塗り直すことが望ましいでしょう。





とはいえ、仕事をしていたり、学校に行っていると時間に追われてそこまでこまめに塗り直せないということもあるかもしれません。



そんなときは、お昼休みなどに最低でも1回は塗り直すことをおすすめします。

日焼け止めの落とし方

日焼け止めは紫外線から肌を守る大事なアイテムですが、肌に異物を付けているという点において、長時間の使用は肌の負担になり、肌荒れの原因にもなりかねません。

帰宅して日焼け止めが必要ない環境に戻ったら、なるべく早く日焼け止めを落とすことが大切です。

次に、日焼け止めの落とし方についてですが、日焼け止めには様々な種類があり、商品によって落とすのに使用するものも異なるため、必ず使用した日焼け止めの説明書きを読みましょう。

おすすめの日焼け止め

コパトーン パーフェクトUVカット ジェルクリーム

KOSE コーセー サンカット 日焼け止め ジェル 50 スーパー ウォータープルーフ 80g SPF50+ PA++++

【リサージ】パーフェクトプロテクターUV [日やけ止めジェル状クリーム] SPF50+・PA++++(顏・からだ用) 50g

カントリー&ストリーム UVウォータリージェル N 180g

1 2