1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

プロテインと聞くと筋トレで飲むものというイメージがあるかもしれません。実際は筋肉だけではなく肌や髪のもとになるたんぱく質で、美容に役立ちます。プロテインをとることで、得られる効果やおすすめのプロテインを紹介します。

hujiyuri0224さん

プロテインとは

プロテインは、英語でタンパク質という意味です。筋肉や内臓をはじめ、ホルモンや酵素などのもとになる重要な成分です。
市販されているプロテインは、乳製品や大豆などタンパク質を多く含んだ原材料から余分な糖質や脂質を取り除き、必要なビタミンやミネラルを添加した加工食品です。上手に活用することができれば、健康や美容のための栄養管理をずいぶん楽にすることができます。

プロテインを飲むことのメリット

食事中のタンパク質にはたくさんのメリットがあります。減量および体脂肪減量において基本的な役割を果たしていることが確認された、確固としたエビデンスがあります。ご存じないかもしれませんが、タンパク質は食事中で最も満腹感を感じさせるマクロ栄養素であり、このことはよく知られています。このことは、人や動物を対象とした研究で示されています。脂質摂取あるいは炭水化物摂取と比較してタンパク質摂取により、食欲および摂食量の抑制がより強く働き、その結果満腹感がより長く続くのです。

プロテインの選び方

プロテインにも色々種類があります。大きく分類すると、ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインという3種類です。

ホエイプロテインの「ホエイ」とは、乳清とも呼ばれるもの。ヨーグルトの蓋を開けたときに表面にある水のようなものが「ホエイ」です。ホエイプロテインは、プロテインの中で最もポピュラーなもので、筋肉を増やしたい、ムキムキにしたい! 人におすすめ。

カゼインプロテインもホエイプロテインと同じく筋肉増強を目的としたプロテインで、主な原料に牛乳が使われています。ホエイプロテインと異なる部分は製法と、吸収スピード。消化や吸収スピードがホエイより遅いという特徴があります。

女性に特におすすめなのが、ソイプロテイン。
その名の通り、大豆が原料となっていて、植物性のプロテインです。
大豆といえば、大豆イソフラボン。イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに近い働きをしてくれます。
しかも低カロリーで腹持ちの良い商品が比較的多いのが特徴。ダイエットをしながら、美肌効果も高めてくれる、女性にとってはうれしい商品です。

プロテインを摂るタイミング

・3食のうちの1食をプロテインに置き換える
プロテインは、目的によってさまざまな飲み方があります。ダイエット目的で飲むなら、3食のうちの1食をプロテインだけにする「置き換えダイエット」が良いでしょう。朝・昼・晩のいずれかをプロテインに置き換えることで摂取カロリーが抑えられ、体も引き締まりやすくなります。

プロテインがカラダの中で効果的に使われるタイミングは、カラダ自体がプロテインを欲しがっている時と言えるでしょう。

まず、一番効果的なのはやっぱり運動直後です。

運動やトレーニングで筋肉に大きな負荷がかかると、筋肉はダメージを受けます。すると筋肉は、次はこの負荷に負けない強くて太い筋肉になろうと、体内から成長ホルモンという物質を分泌し修復を始めます。つまり、この修復のタイミングに筋肉の素材となるプロテインをしっかり飲めば、傷ついた筋肉は効率よく修復されて強くて太い筋肉に成長していくのです。特に運動後30分以内はゴールデンタイムといって、成長ホルモンが最も活発に分泌されるので、しっかりプロテインを飲んで効率よく回復させるチャンスです。

プロテインを飲む際の注意点

あくまで栄養素を補うためのサプリメントに過ぎないため、プロテインを飲んだからといって痩せたり筋肉がついたりするわけではありません。

脂肪の燃焼には有酸素運動が必要で、筋肉をつけるには筋トレが必要です。どちらにせよ運動は必要となります。

運動をせずにプロテインを摂っていては、余ったたんぱく質が脂肪となってしまうでしょう。必ず適度な運動をすることが大切です。

プロテインを飲むと太る?

プロテインを活用するとなると、筋肉がモリモリになって、カロリーがあるから太るのではないかと思い、利用するのを躊躇する人もいますよね。



もちろんプロテインで痩せることはありませんし、日ごろの食事にただプラスするだけでは、体重は増えてしまいます。



上記のダイエット中の食事パターンで自分が当てはまりそうなものと落とし穴を確認し、“足りないものを補う”という考え方でプロテインを利用してみましょう。

ダイエットにプロテインは効果的!

ダイエット中は栄養素が不足しがちで、体内のタンパク質が不足すると、筋肉を分解してエネルギーとして使用するので、脂肪ではなく筋肉が減少してしまうという結果になってしまいかねません。

タンパク質が不足してしまうと筋肉が減少して、しまりのないボディになり、肌や髪がボロボロになってしまいます。

美しくなろう、かっこよくなろうとダイエットしたのに、栄養を制限しすぎて本末転倒と成ってしまっては元も子もありません。



そこでぴったりなのがプロテインドリンクです。

上述の通り高タンパク低カロリーなプロテインドリンクは、体に必要なタンパク質を摂取して、無駄なカロリーをとりたくないというダイエット中にぴったりなのです。

プロテインを飲んで、タンパク質を十分に摂取することで、筋肉を維持しながら脂肪を減少させることができます。

女性におススメのプロテイン

明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすいソイプロテイン

アルプロン 大豆プロテイン 1kg【約50食】 (ココアミルク)

Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 1kg

AYA'Sセレクション スーパーフード ソイプロテインスムージー 300g(15食分) クロスフィットトレーナーAYA監修 L-カルニチン スーパーフードMIX 計量スプーン付き

HIGH CLEAR(ハイクリアー)ソイプロテイン100 リッチチョコ味 750g 30食分

1 2