1. まとめトップ

平成30年7月豪雨 ダムの緊急放流に意見さまざま

西日本を襲った平成30年7月の豪雨。かつて経験したことのないような雨量に耐えきれずダムが緊急放流し、河川が氾濫しました。その時のネット上の意見などをまとめました。

更新日: 2018年08月08日

0 お気に入り 1006 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

平成30年7月、西日本を記録的な大雨が襲った

西日本に記録的な豪雨が降り、平成最大の被害となりそうである。被害は20府県に及び3万人が避難し、最終犠牲者は150人を越えそうな大災害になっている。

水を支えきれなくなったダムが次々に大量の水を放流した。

西日本豪雨で、愛媛県・肱(ひじ)川の野村ダムなど6府県の8ダムの水量が当時、満杯に近づき、流入量と同規模の量を緊急的に放流する「異常洪水時防災操作」が行われていたことが、国土交通省への取材でわかった。

大量の放水により下流地域では水害が続出

7日朝から昼過ぎまで異常洪水時防災操作が行われた野村ダムの下流域の愛媛県西予せいよ市では、氾濫による浸水被害で5人が死亡。鹿野川ダムや、野呂川ダムの下流域でも浸水被害が出た

西予市と大洲市では大量放流後、大規模な浸水被害が起きるなどして9人が犠牲になった。

「もう放水しないでくれ、頼むからやめてくれ」と言う下流の防災責任者

*写真はイメージ映像です。

高梁市の防災責任者
「実は河本ダムに言ったんですよ。『これ以上流すと氾濫するから、もう放流はしないでくれ、頼むからやめてくれ』と。

放流しなければダムが決壊するから無理です、というダム管理者

ダムを管理している国土交通省・四国地方整備局

でも河本ダムからは『放流しなければダムが決壊する。そうなればもっと甚大な被害が出るから無理です』と言われました。
そのタイミングは…観測所の水位が8メートルの危険水域を超えていたのが午後7時前だったので、その後だったと思います」

その緊急放流を疑問視する声があがる

【ラブラブ情報】【西日本豪雨】住民、ダム放流に激怒「『逃げなさい』ではなく『沈みます』と言え、これは人災」 lovely-cafe.biz/v1/archives/26…pic.twitter.com/HVXJNCCoXQ

200人を超える人命を奪った西日本の歴史的豪雨。
中でも、流域で9人の死者を出した愛媛県肱川(ひじかわ)のすさまじい氾濫は、上流のダムの放流が原因だったのではないかと言われ、物議を醸している。

下流域での被害は人災だと。

@aiko33151709 @YahooNewsTopics 今回の災害は人災でしょ。ダム放流により床上とか床下になった場合は保証してくれるんですか、自治体や政府が。それとも知らん顔ですか。

台風で川の水が増水している時に、ダムが放流したら、洪水になるに決まってる。人災だよ。 →Reading:和歌山・七川ダム 放流量を2倍に NHKニュース nhk.jp/N4KH4GBZ

ダムの放流で河川が氾濫したことは事実なのだろうが・・

実際に被害を受けた住民にすれば行政のせいにしたくもなるのだろうが・・

愛媛県の大洲市(おおずし)では、住民が「普段はおとなしい川」と語る肱川(ひじかわ)が氾濫して、3000世帯以上の家が冠水した。肱川の上流には鹿野川ダムと、さらに上流の支流には野村ダムがあり、二つのダムからの大量放流が、甚大な被害を出した一因であることは間違いがない。

ネット上では放流を容認する声が多く上がった。

おいおいダムの放流が適切だったかって、それやるの?放流しなければダムが最悪決壊しれないのにこの番組はなんでも行政が悪いようにしたいのかね、どちらかと言うと住民が早めに避難しなかったのが悪いだろう #報道特集

報道特集 ダム通常の6倍放流で被害拡大 え? メディアは馬鹿なの そのままにしていたら ダム自体が決壊したんじゃねえの どっちの被害が大きくなるか 分かるだろ

ダムが決壊したラオス。
数百人が行方不明になり6600人以上が住居を失った。

参照元
https://www.bbc.com/japanese/44937559

ダムの放流は適切だったかって、じゃあ決壊させればよかったのか? 話題にすること自体がナンセンス。アイドルがうんこするのか議論と同じ。

1 2