1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

■暑い日にお風呂に入るのはちょっと。。という人も多いはず

夏は暑いからお風呂に入ることすら面倒!と、シャワーだけで済ませてしまっていませんか。

■冷房の効いた部屋で過ごしていると、自律神経が乱れてしまう

現代は冷房の効いた屋内が多く、しかも寒さを感じるほどの強い冷房をかけている場所が増え、外との温度差が非常に高くなっています。

そのため、屋外と屋内を出たり入ったりしていると体温調整をしている自律神経に異常をきたし夏バテの症状を引き起こします。

そんな人はゆっくり湯船につかることで、副交感神経が刺激され、リラックスすることができます。

□夏風呂をすることで得られる効果は多くあります

■夏バテ予防

夏バテは主に、「体内の水分・ミネラル不足」「栄養不足」「室外と室内の温度差による自律神経の乱れ」によって引き起こるといわれています。

お風呂に入ることによって、リラックスができ、体をやすめるための神経が活発になります。

長湯は疲労を溜めこむだけになりますので、汗が流れ始めたらお風呂から上がるぐらいが良いそうです。

■冷え解消

夏の冷えは、疲れやむくみ、胃腸の不調などを引き起こす原因にもなりますし、さらには肩こりや腰痛、生理痛やPMSや不眠なども冷えが関係していると言われています。

温かい食べ物、飲み物を摂るのも有効ですが、末端部の冷えをすぐに解消するのは難しいです。それに対してお風呂は全身を温めることが出来、血管が広がるおかげで体の隅々まで熱が伝わります。

しかし、熱めのお湯につかればたしかに、その場ではホカホカに温まるかもしれませんが、湯冷めにおそわれて余計に体を冷やしてしまうことになるのです。

■体臭予防

普段あまり汗をかかない生活をしていると、汗腺が衰え、汗をかきにくい体質になり、代謝が落ちて太りやすく、体臭の原因になることもあります。

お湯につかり体が温まることで、毛穴が開き、毛穴に詰まっている脂や汚れ、皮膚の表面に付着している老廃角質が柔らかくなり、ゴシゴシ擦らなくても十分キレイになるそうです。

日本人に比べ、欧米人の体臭が強いのは、普段、シャワーだけでお風呂を済ませていることが理由だと言われている。

■美肌効果

ピーリングやスクラブを使っている方も多いですが、実はお風呂に毎日浸かるだけでも、毛穴ケアの効果があるのです。

1 2