1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

最近人気上昇中の仮想通貨【c0ban】。ですが、知名度はまだそれほど高くはありません。それでも、日々ユーザーを増やし続けているのも事実。そんな【c0ban】についてまとめてみました。

枝豆金時さん

【c0ban】とは

c0ban(コバン)とは、株式会社LastRootsが開発したブロックチェーン技術を活用した仮想通貨です。

2016年12月にそのブロックチェーンは始動し、全世界での分散ネットワークが拡大しつつあります。

c0banはパブリックブロックチェーンとして設計されておりますが、2017年夏より本格的なオープンソース化が始まります。

c0banブロックチェーンの運営については、第三者機関、一般社団法人c0banが担っております。

全世界での分散ネットワークの状況や、c0banブロックチェーンの技術開発の最新情報などは、c0ban.coにてご確認ください。

【c0ban】は2016年にスタートした、まだ新しい仮想通貨。
日本からはじまり、目標は全世界。

株式会社 LastRootsの代表取締役CEO。

株式会社 LastRoots が産み出した最先端の「ブロックチェーン技術」を活用した未来のお金です。2016年末に、ブロックチェーンとして始動し、今後は世界中に分散ネットワークが広がっていきます。

私達は、この新しい技術によって、現在のお金に変わるもっと便利な「サービス」を作ろうとしています。

 それが、c0ban(コバン)です。

小林CEOによると、【c0ban】というのは「ブロックチェーン技術」を活用した未来のお金。
【c0ban】の特徴はブロックチェーン技術ということですが、それは一体どういうものなのでしょうか?

「ブロックチェーン技術」てなあに?

「ブロックチェーン技術」とは、難しい言葉で言うと分散型台帳技術または、分散ネットワークによる相互承認機能と表現できます。

「分散ネットワークによる相互承認機能」と言われても、それもまた難しい言葉ですね。
これについても更に説明されてます。

もう少しわかりやすく解説すると、取引台帳をみんなで共有し、互いに監視しあうことによって、不正なやり取りを防ぐ技術です。

1つの取引が発生すれば、世界中で台帳を保管しているすべてのコンピューター(ノードと呼ばれます)で、情報の更新が行われます。

それらが、相互に通信し、その取引を記録し、正しいものであるかどうかを判定します。

台帳を保存しているコンピューターは、皆さんでも買えるような普通のコンピューターですが、それがネットワーク上に数万台、数十万台、いえ、数百万台と繋がることで、極めて強固で安全な取引システムが構築されるのです。

安全性の確立のために開発された技術なんですね。

【c0ban】は仮想通貨を稼ぐことができる

このブロックチェーン技術を利用した「こばんちゃんねる」というのも、【c0ban】の特徴の一つ。
なんと、CM動画を観るだけで仮想通貨である【c0ban】が稼げてしまうんです。

ブロックチェーン技術を活用したc0banの特徴の1つは、「小さな価値」でも送ることが出来る点です。 お金で例えて言うなら、1円でも2円でも、相手に送金できるということです。

小さな金額でも送金できるというのは「ブロックチェーン技術」の大きな利点。
銀行では手数料の方が上回るため、1円単位での送金なんてもったいなくてできません。

これはアルバイトと思っていただいて良いのです。
企業のPR動画を見たら、c0banが貯まります。貯まったc0banで、あるお店に行けばすぐにコーヒーが飲めるようになるでしょう。

CEOによると、企業のPR動画を観ることで【c0ban】が貯まるので、アルバイトとして捉える事ができるという事です。
そして、貯まった【c0ban】を、利用可能なお店に行けば「円」と同じようにつかえるのです。

【c0ban】は「動画を観る」という労力の対価として頂けるという事なので、そう考えると確かにアルバイトのようなものですね。

【c0ban】は詐欺ではないかという人もいますが

【c0ban】で稼いだ仮想通貨を「円」に換えるには、仮想通貨の売買取引が必用となります。
換金所で両替してくれるような簡単なお話ではないのです。

また、取引をするためには証拠金が必用なんですよ。
証拠金というのは、証券会社で株取引をする時にも求められる事がありますが、投資については法令に則って定められているもの。

ですが、その証拠金はなんと1万円(個人認証事務手数料1000円を含む)以上となっているのです。
詐欺だと疑う人たちは、この証拠金が引っ掛かっているのではないでしょうか?

去年の九月ごろ、c0banという仮想通貨がクラウドファンディングで資金を集めていることを知りました。



クラウドファンディングの内容としては、すごく簡単に言うと
開始時には1両120円で売りに出すけど、今なら85円で買えるよ!
と言うもの。(1両とはc0banの1通貨の呼び方)



1両85円で買えて120円で売れるなら、買って売るだけで1.4倍くらい…結構儲かるなぁ…

この方は、【c0ban】のスタート前からクラウドファンディングで投資しているんですね。

ですが、まだ未完成のシステムに翻弄しながら、取引まで辿り着いたのだとか。

少しだけ後悔しましたが、やっちゃったものは仕方がない
ということで、経過を見守ることに。



しばらくすると、案内のメールが色々と届きました

・ウォレットを開設しました
・4月ごろに取引所がオープンします

まだ知名度の低い仮想通貨で、なんだか不安そうですね。

クラウドファンディングで出資してから半年ほど経ち、忘れかけていた頃に取引所がオープンしました。

しかし、ログインしても取引できず

問い合わせても1ヶ月くらい返信がない

あ、もうこれはダメなやつだ。

と思っていたら1ヶ月くらいして返信が来ました。

もう、「だまされた」としか思えなかったのでしょうね。

取引できない原因

運営から届いたメールの内容としては

・本人確認が必要
・1万円の入金が必要

とのこと


・本人確認が必要 → なるほど。
・1万円の入金が必要 → なぜ…?

さらに1万円も騙し取られるのか…?
と疑いつつも入金したところ取引できるようになりました。

まだ新しいサービスに1万円を振り込むのって、勇気がいりますよね。

意外なほどあっさり入金されてました。

利益
272,960-192,610-10,000 = 70,350

利益率35%くらいでしょうか。儲かりました。

個人認証に日数がかかりますが、振込は早いそうです。

不安と疑いが膨らみながらも、結果としては70,350円もの利益が得られたのだそうです。

【c0ban】は詐欺ではありません

投資には「証拠金」というものが存在します。
これは、投資に慣れていない人にとってみたら振り込め詐欺の手口にも思えてしまうでしょう。

また、このような儲け話を利用して架空の投資話を持ち掛ける詐欺が存在することも事実です。

【c0ban】は詐欺ではありませんが、投資に慣れていない人にとって、不安要素として次の2点が挙げられます。

・「証拠金」が1万円と高額
・仮想通貨は通貨価値が変動する

動画を観ればお小遣い稼ぎができるという画期的なサービスではありますが、もしもほんの一片でも不安を感じるのであれば、利用しないで【c0ban】の経過を見ていくといいでしょう。

不安要素が払拭されてから、もう一度考えてみてもいいのですから。

「お金よりも大切なものがある」と言っても、生きていく上でお金は大事。
そして、PR動画を観る行為も、「時間」と「労力」を投資するものです。

どうか、あとで「やらなきゃ良かった」と後悔することのないよう、迷いのない投資をしていきましょう。

1