1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

千原ジュニア『ごっこ』も!「新作映画」情報まとめ

注目の「新作映画」情報4作品のまとめ。お蔵入を免れた、千原ジュニア×平尾菜々花+清水富美加(仙眼美子)『ごっこ』、長谷川博己×松永大司監督『アジア三面鏡2018:Journey』、NON STYLE石田明×矢本悠馬『ノーマーク爆牌党』、藤原竜也×吉田修一原作×羽住英一郎監督『太陽は動かない』。

更新日: 2018年10月13日

4 お気に入り 8739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ごっこ』(10月20日公開)

小路啓之「ごっこ」が千原ジュニア主演で実写映画化!10月に公開(コメントあり) natalie.mu/comic/news/293… pic.twitter.com/mexltTuBJy

千原ジュニア主演、「ユリゴコロ」の熊澤尚人監督のメガホンで、2016年に他界した漫画家・小路啓之さんの人気作を実写映画化した「ごっこ」が、10月20日から公開される。

大阪の寂れた帽子店で仲むつまじく暮らす40歳目前のニート・城宮と5歳の少女ヨヨ子の生活が、ある衝撃的な事実によって崩壊してしまうさまを描く。

主人公・城宮を千原が演じ、NHK土曜時代ドラマ「悦ちゃん」の平尾菜々花がヨヨ子に扮する。そのほか優香、ちすん、清水富美加、秋野太作、中野英雄、石橋蓮司らが出演。

うお、小路啓之作品なにげに初実写化じゃない??? || 小路啓之「ごっこ」が千原ジュニア主演で実写映画化!10月に公開(コメントあり) - コミックナタリー natalie.mu/comic/news/293…

やった(´∀`) 実写映画「ごっこ」主演は千原ジュニア 清水富美加の出家でお蔵入りから一転して公開へ arasuzitaizen.com/2017/02/14/gok…

清水富美加の出家騒動で公開が延期されていた

◆『アジア三面鏡2018:Journey』(11月9日公開)

アジアセンター× #東京国際映画祭 co-produce アジア・オムニバス映画製作シリーズ第2弾『アジア三面鏡2018:Journey』 主要キャスト解禁! 松永大司監督作品『碧朱』の主演は長谷川博己さん! デグナー監督作品『海』、エドウィン監督作品『第三の変数』の詳細はコチラ 2018.tiff-jp.net/news/ja/?p=491… pic.twitter.com/GjPH47blsj

日本を含むアジアの気鋭監督3名が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト『アジア三面鏡』シリーズ第2弾『アジア三面鏡2018:Journey』の主要キャストが発表された。

シリーズ第2弾となる『アジア三面鏡2018:Journey』では、『トイレのピエタ』などの松永監督(日本)、デグナー監督(中国)、エドウィン監督(インドネシア)が「旅」をテーマに作品を制作。

松永監督の『碧朱』は、長谷川博己が主演に抜擢。ミャンマー・ヤンゴン市内の鉄道整備事業に携わる日本人・商社マンを主人公に、民主化して間もない街の進化と喪失、現地の人々との交流、彼が抱いた心の機微を色彩豊かな映像で描き出していく。

デグナーの監督作「海」は、まったく性格の違う母娘が中国・北京から海を目指すロードムービー。エドウィンの監督作「第三の変数」ではインドネシア人夫婦が、旅先の東京で出会った不思議な男性から、奇妙で官能的なアドバイスを受ける姿がつづられる。

『アジア三面鏡2018:Journey』 主要キャスト解禁! 松永大司監督作品『碧朱』主演:長谷川博己 – Asian Thee Fold Mirror | アジア三面鏡 オフィシャルサイト asian3mirror.jfac.jp/wp/ja/201807/5… "主演は今最も勢いのある俳優、長谷川博己。静かで力強い演技に新しい魅力を感じます。" #長谷川博己

久々の情報。白シャツに前髪を下ろし遠くを静かに見つめる姿だけでご馳走さま!な気持ちに。美しいわ..美しい。 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・ 長谷川博己が商社マンに!オムニバス映画『アジア三面鏡2018:Journey』 cinematoday.jp/news/N0102573 @cinematodayさんから

◆『ノーマーク爆牌党』(2018年秋公開)

ノンスタ石田×矢本悠馬のW主演で「ノーマーク爆牌党」実写化、今秋に公開(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/2929… pic.twitter.com/mkjrbBKj6u

『ぎゅわんぶらあ自己中心派』『スーパーヅガン』で知られる片山まさゆき氏の漫画『ノーマーク爆牌党』が実写映画化(今秋公開)される。

本作は、相手の手牌を読み切り余り牌を狙う「爆牌」を武器に絶対王者に君臨する天才雀士・爆岡弾十郎に、平凡な雀士・鉄壁保が挑むさまを描くもの。

相手の手牌を読み切り、余り牌を狙うという天才的な打牌を武器にする爆岡弾十郎を、お笑いコンビNON STYLEの石田明が演じ、堅い打ち筋で麻雀を打つ鉄壁保役を、映画『ちはやふる』シリーズ、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の矢本悠馬が務める。

監督・脚本は、『愛を語れば変態ですか』『向日葵の丘 1983年・夏』などの作品で助監督を務めてきた富澤昭文。

ま、ま、マジで!!! ノー爆映画化ですよ。 ノー爆映画化ですよ。 ノーマーク爆牌党が実写映画化ですよ。 麻雀マンガのオールタイムベストに必ず名が挙がる、ノーマーク爆牌党が実写映画化ですよ。 何度もいいますよ!!!

ノーマーク爆牌党の映画化で、鉄壁保を演じる矢本悠馬ってどこかで見た顔だと思ったら、おんな城主直虎で直虎をそばでずっと支える、ゆきのじ(中野直之)をやった子か。演技うまい子だし、鉄壁の繊細さをうまく演じそう。楽しみ。

◆『太陽は動かない』(2020年公開)

藤原竜也×吉田修一×羽住英一郎『太陽は動かない』映画&連続ドラマ化決定 | ぴあ映画生活 bit.ly/2LMLTya #映画 #eiga pic.twitter.com/9Uw2HMStt1

1 2